4月19日、地球から5700万キロメートル離れた位置に地球衝突コースに乗った小惑星が発見しました。

「2021PDC」と名付けられたこの小惑星は、半年後の2021年10月20日に、地球へ落下すると予想されます。

と、これはーストリアのウィーンで開催された国際天文学アカデミー(IAA)2021惑星防衛会議においてNASA主導で行われた、小惑星の地球衝突シミュレーションのシナリオです。

本当にそんな小惑星が存在するわけではないので、なにも心配する必要はありません。

しかし、もし半年後に地球へ衝突するという小惑星が発見されたとき、人類には何ができるのでしょうか?

目次
地球衝突の危険性がある小惑星を発見!
核兵器を使っても衝突阻止は困難
悲惨な結末

地球衝突の危険性がある小惑星を発見!

注)これはシミュレーションです。

4月19日、地球から5700万キロメートル離れた位置に地球衝突の危険性がある小惑星が発見されました。

小惑星の呼称は「2021PDC」と決定。

この小惑星の見かけの等級は21.5(約120メートル)です。

しかし、サイズを推定するための反射率(アルベド)が不明のため、実際のサイズは35~700メートルの範囲である可能性があります。

小惑星発見の翌日、4月20日に小惑星の軌道が算出され、半年後の10月20日に地球軌道と交差することが判明しました。

現時点での地球との衝突確率は5%です。

しかし、観測データは日を追うごとに集まっていき、地球への衝突確率は着実に増加していくことになります。

小惑星は秒速5キロメートルで、地球へ接近していてゆっくりと明るくなっており、発見後1週間で広く観測されるようになるでしょう。

小惑星は現在遠すぎるためレーダー検出ができません。レーダーの範囲内に入るのは落下予想から1カ月を切った10月以降です。

NASAが実施した小惑星地球衝突シミュレーション 核兵器でも阻止できない
(画像=小惑星2021PDCの軌道 / Credit:CNEOS – NASA,Planetary Defense Conference Exercise – 2021、『ナゾロジー』より引用)

上の画像は4月20日時点での小惑星と地球の位置および軌道を表したものです。2つの軌道が交差する赤枠が衝突予想ポイントとなります。

現時点で得られた情報から、科学者たちは小惑星の地球衝突予想を組み立てます。

次の画像は、赤枠の軌道交差点を拡大したものです。

赤い点で示されているのが、2021年10月20日に、地球と軌道を交差させて通過するときの小惑星の予測位置です。

たくさん点があるのは、現時点での予想不確実性のためです。

NASAが実施した小惑星地球衝突シミュレーション 核兵器でも阻止できない
(画像=2021年10月20日の小惑星2021PDCの予測位置の現時点での不確実性 / Credit:CNEOS – NASA,Planetary Defense Conference Exercise – 2021、『ナゾロジー』より引用)

月軌道直径の4分の3に及ぶ縦長の範囲で、小惑星は地球と交差する可能性があります。

この不確実性領域は今後数カ月にわたる観測によって、適切に修正されていくことになります。

衝突時の小惑星の位置に関する不確実性領域は、地球のサイズよりはるかに大きいため、地球のどこにでも落下する可能性があります。

次の画像では、現在の不確実性を考慮した上で、GoogleEarth上に予想される地上の衝突地点をプロットしています。

NASAが実施した小惑星地球衝突シミュレーション 核兵器でも阻止できない
(画像=2021PDCの落下予想地点 / Credit:CNEOS – NASA,Planetary Defense Conference Exercise – 2021、『ナゾロジー』より引用)

こんなに落下予想が広いのでは、エヴァで受け止めるのも難しそうです。

衝突予想時、地球は小惑星に対してこの面を向けているため、インドネシアやオーストラリアなどの危険度は低いようです。

しかし、小惑星は地球重力の影響で曲がるため、この面以外の地球のエリアも落下の影響を受ける危険性があります。

NASAが実施した小惑星地球衝突シミュレーション 核兵器でも阻止できない
(画像=小惑星衝突時の影響予想 / Credit:CNEOS – NASA,Planetary Defense Conference Exercise – 2021、『ナゾロジー』より引用)

現在、地球への落下場所などは不確実なままです。

しかし、小惑星が地球へ到達するまで、まだ半年の時間があります。

人類にこの厄災を回避することは可能なのでしょうか?

核兵器を使っても衝突阻止は困難

惑星防衛会議で行われた演習の2日目、シミュレーションの時間は5月2日時点まで進められました。

この時点で、新しい衝突軌道計算が行われ、2021PDCはほぼ確実にヨーロッパ、または北アフリカに打撃を与えることが判明しました。

NASAが実施した小惑星地球衝突シミュレーション 核兵器でも阻止できない
(画像=5月2日時点で予想された2021PDCの落下予想範囲 / Credit:JPL / NASA、『ナゾロジー』より引用)

ここで演習に参加した科学者たちは、探査機を使った攻撃によって小惑星を破壊したり、小惑星の軌道をそらせる可能性があるかを検討しました。

結果、科学者たちは、現実に今回の2021PDC仮想シナリオが発生した場合、半年未満の期間でこの小惑星に対応する探査機(宇宙船)を打ち上げることは、現在の技術では不可能だと結論づけました。

そこで、参加者たちは次に核兵器を用いて小惑星の爆破・破壊ができないかを検討しました。

核兵器破壊ミッションを展開すれば、小惑星衝突による被害を大幅に減らすことが可能です。

しかし、今回想定されている35~700メートルのサイズ範囲を持つ小惑星を、核兵器で破壊できるかどうか不確かでした。

この時点で、人類が小惑星に対して打てる手立てはほぼ失われてしまいました。

演習の3日目は、6月30日まで時間が進められます。

この時点で、2021PDCは東ヨーロッパに向かっていることが明確になりました。

そして演習4日目、ついに小惑星衝突の1週間前まで時間が進められます。

悲惨な結末

衝突1週間前、この時点で小惑星の落下地点はドイツ、チェコ共和国、オーストリアの三国国境近くである可能性が99%であると算出されました。

画像のもっとも中心の濃い赤円に落下する確率は40%、その外側の円が87%、最外円の領域となる確率は99%です。

NASAが実施した小惑星地球衝突シミュレーション 核兵器でも阻止できない
(画像=1週間前の落下予想 / Credit:ESA、『ナゾロジー』より引用)

衝突による爆発は、大きな核爆弾と同じくらいのエネルギーになると考えられます。

下の画像は被害の予想範囲です。

落下地点から最大100kmに及ぶ地域が壊滅的な破壊を受ける可能性があります。

一番広く描かれている範囲は、直径300kmでこの範囲までは深刻な被害が及ぶ可能性があります。

NASAが実施した小惑星地球衝突シミュレーション 核兵器でも阻止できない
(画像=被害予想範囲。最大で直径300kmの地域が被害を受ける。 / Credit:ESA、『ナゾロジー』より引用)

この時点で人類にできることは、衝突によって被害を受ける予想地域の人々を事前に退避させることだけでした。

現在宇宙への監視体制はかなり強化されており、多くの人たちは潜在的に危険な小惑星を、かなり早い段階で察知できるだろうと思いがちです。

しかし、実際のところ地球近傍天体(NEO)を監視する世界の能力は、かなり不完全だといわざるをえません。

太陽から約2億キロメートル圏内を周回する宇宙岩石は、NEOとみなされます。

しかし、NASAの惑星防衛担当官であるリンドリー・ジョンソン氏は、NASAが「地球への衝突危険性のある小惑星を、全体の3分の1しか発見できていない」と述べています。

最近でも、地球に非常に接近した小惑星を、天文学者が見逃していたというニュースはたくさん報告されています。

6500万年前、恐竜を滅ぼした小惑星は直径が10kmもあったと考えられています。

そこまで大きいなら、かなり早い段階で気づくだろうと思ってしまいます。

しかし、直径5kmもあるネオワイズ彗星は、2020年7月23日に地球から約1億300万 kmの距離まで接近しましたが、初めて発見されたのはその4カ月前のことでした。

それまで誰もその彗星の存在には気づいていなかったのです。

NASAが実施した小惑星地球衝突シミュレーション 核兵器でも阻止できない
(画像=ベラルーシの教会越しに撮影されたネオワイズ彗星 / Credit:Sergei Grits/AP Photo、『ナゾロジー』より引用)

2013年にロシアのチェリャビンスク上空で爆発した隕石も、事前に警告されることはありませんでした。

この隕石は、上空で爆発し、都市部の窓ガラスを衝撃で割るなどの被害を出しています。

NASAが実施した小惑星地球衝突シミュレーション 核兵器でも阻止できない
(画像=2013年2月に撮影されたチェリャビンスク隕石 / Credit:en.wikipedia、『ナゾロジー』より引用)

小惑星の接近は、意外と直前まで気づけないということが明らかなため、NASAは2年前に潜在的に危険な小惑星を監視するための専用望遠鏡を打ち上げる計画を発表しました。

地球近傍天体監視ミッションと名付けられたこの計画が進めば、現在よりずっと多くのNEOを発見、追跡できるようになるでしょう。

しかし、現状では落下半年前に気づけても、小惑星に対して人類にはほとんど打つ手がないのが現実です。

今回のシミュレーションは、残念ながら悲惨な最後となってしまいました。

けれど今回の演習は、実際に危険な小惑星が発見された際、どのように状況が進展していくかを教えてくれています。

専門家たちには、その際どのように対応を考えるべきか、その機会を提供しています。


参考文献

Hypothetical Asteroid Devastates Europe in Doomsday NASA Simulation(sciencealert)

The 2021 PDC Hypothetical Asteroid Impact Scenario(CNEOS-NASA)


提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功