ニューヨーク市は観光客に対して新型コロナウイルスワクチンを無料提供することを、州当局と検討しています。コロナ禍でダメージを受けた観光業への支援策の一貫として、この施策と行うとしています。

目次
ニューヨーク市で観光客にワクチン提供なるか
 ▶︎アメリカでのワクチン余りも影響か

ニューヨーク市で観光客にワクチン提供なるか

米ニューヨーク市のデブラシオ市長は2021年5月6日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大で低迷する観光業を再建するため、市外から訪れる観光客にワクチンを接種する観光誘致策を発表しました。

接種場所として、タイムズスクエアやセントラルパークなどの観光名所に移動接種施設を設ける予定です。

また使用するワクチンについては、1回の接種で済むジョンソン・エンド・ジョンソン製のワクチンが採用される予定です。

デブラシオ氏は「観光客を取り戻すキャンペーン」であり、観光客に向けた「前向きなメッセージになる」と訴えた。

また、ニューヨーク市は観光誘致策として、4月にも32億を投じるキャンペーンの実施を発表していました。詳しくは関連記事をご覧ください。

関連記事
ニューヨーク市、32億円投じ観光業復活のためキャンペーン実施へ、夏には回復狙う

アメリカでのワクチン余りも影響か

現在、アメリカではワクチンの供給ペースは安定しているものの、接種率には、接種をためらう人が多いため鈍化傾向が見られます。

NHKによると、民間の調査団体が3月末に発表した世論調査では、ワクチン接種をためらう人や否定的な人が全体の37%に上っています。

ニューヨーク州ではすでに予約なしでも接種できるようになっており、マンハッタンにある全米最大規模の博物館、アメリカ自然史博物館には4月23日、予約なしでも接種できる大規模な接種会場が設けられました。

ただし、現在のところニューヨーク州が定めたワクチン接種対象は州民と州内に勤務または通学する人らに限られています。

このように、ニューヨーク州では、ワクチン供給が安定していることから、今回観光客にも接種対象を広げる見込みだと考えられます。

デブラシオ市長は、「ニューヨーク州の承認が得られ次第、今週末にも開始する」と発言しましたが、州が承認するかは不透明です。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる