米大手航空会社ユナイテッド航空は2021年夏、新たにクロアチア、アイスランド、ギリシャに就航することを発表しました。この3か国は、ワクチン接種旅行者の受け入れ開始を発表しています。

目次

  1. ユナイテッド航空、ワクチン接種が進むにつれ攻めの姿勢に

ユナイテッド航空、ワクチン接種が進むにつれ攻めの姿勢に

ユナイテッド航空は、同航空の「Travel- ReadyCenter」(公式サイト)に陽性反応検査証明書とワクチン接種証明書をアップロードすることにより、空港に到着する前に搭乗券を取得できる仕組みを整えています。

この仕組みを利用し、ワクチン接種済みの旅行者に対し受け入れを開始したクロアチア(ドゥブロヴニク)、ギリシャ(アテネ)、アイスランド(レイキャビク)の3か国に新たに直行便を就航させる見通しです。

ユナイテッド航空によると、2021年3月、同航空公式サイトでクロアチア、ギリシャ、アイスランドへのフライト検索数が、61%増加しました。各国への人気の高まりも今回の直行便の就航につながったとしています。

同航空の国際線ネットワーク部門部長であるパトリック・クエール氏は、「各国での往来再開が発表されるにつれ、レジャー旅行者は国外での休息を取りたがっています」と述べました。

また、同航空では、政府の承認が待たれるものの、ガーナ、ナイジェリア、ヨハネスブルクのアフリカ3か国に新たに国際便を就航させる予定です。

イスラエルにおいても団体旅行再開のニュースを受け、増便する予定です。インドのバンガロールにおいても増便が決定しています。

また、同航空では各国との国際線も再開します。5月にはイタリア、ドイツ、オランダ、日本へ、6月にはタヒチ間のフライトを再開することを発表しています。

ワクチン接種済みの旅行者を受け入れる方針を発表した国に対して、国際便を就航させる動きが今後ますます加速していきそうです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる