飲食店は競争の激しい業種であり、こうした要因もあり廃業してしまうことも珍しくありません。2020年からは新型コロナウイルスの影響もあり、飲食店の経営環境は厳しさを増しています。

本記事では、飲食店が廃業する理由を明らかにし、経営を長続きさせるポイントについて解説します。

目次

  1. 飲食店の廃業率は高い/廃業に陥る5つのポイント
    1. 1. 競合の店舗が多い
    2. 2. 開業資金や事業計画書に問題がある
    3. 3. 仕入れ価格と人件費をむやみに下げる
    4. 4. リピーターを軽視する
    5. 5. こだわりを持ちすぎる
  2. 廃業しない飲食店の3つの特徴
    1. 1. 飲食店経営の豊富な知識/下積み経験やリサーチで
    2. 2. 宣伝活動に力を入れている
    3. 3. 競合店との差別化
  3. 飲食店の廃業を防ぐには

飲食店の廃業率は高い/廃業に陥る5つのポイント

2020年の飲食店の倒産件数は、780件を計上しました。これは過去最多の数字です。また、業種内のジャンルとしては、居酒屋や中華料理店の倒産が多くなっています。

飲食店の中でも特に居酒屋や中華料理店の倒産が多いのは、競合の多さも関係していると考えられるでしょう。競合が多いことで、結果的に生き残るのは難しい状況が作られています。

廃業に至ってしまう理由には、競合の多さ以外にも複数あります。その理由は5つに整理できます。ここではそのつまづくポイントについて解説します。

1. 競合の店舗が多い

中小企業庁が公表している、令和元年度の中小企業の動向によると、飲食業界は開業率が全業種の中でも最も高いことがわかります。開業率の高さはそのまま競合の増加につながるため、競争の激化は避けられません。

解決策としては、地域に合わせた開業を実践するとともに、競合との差別化を推し進めていくことが求められます。

2. 開業資金や事業計画書に問題がある

飲食店の経営は、薄利である場合が少なくありません。結果として、資金不足が喫緊の課題となり、解決に至らずに廃業せざるを得ないこともあります。

よくある状況として、開店資金をかけすぎたうえ、黒字になるまでの期間に想定外の出費が生じ、資金繰りが厳しくなる場合があります。

計画的に事業を進めるとともに、実現性の高い事業計画書の作成と、金融機関からの資金調達が必要です。

3. 仕入れ価格と人件費をむやみに下げる

仕入れ価格や人件費の削減への取り組みも、廃業につながる原因になりえます。

特に、人件費の削減は、提供するサービスの質の低下につながりかねません。この場合、顧客満足度への悪影響が考えられます。

利益を上げることにのみ目を向けてしまうことで、結果として売上げが低下し、利益も減少してしまう典型例です。

4. リピーターを軽視する

数年間の経営で順調にリピーターを獲得できても、慢心しないほうがいいでしょう。常連客とのつながりが希薄だと、近隣に新規の競合が進出してきたときに、顧客を奪われてしまうことも考えられます。

定期的なキャンペーンの実施や新商品の開発と提供に取り組み、顧客をつなぎとめておくことが大切です。

5. こだわりを持ちすぎる

自分の店舗を所有することで、顧客の需要を考えず、自らが提供したい料理ばかりを考えてしまう危険性があります。

新規に開店する際には、自分が開こうとしている店舗のコンセプトが顧客のニーズに合っているかどうかを確かめ、実際に顧客が食べたい料理を提供していくことが大切です。

廃業しない飲食店の3つの特徴

廃業率が高い飲食業ですが、当然、全ての飲食店が廃業するわけではありません。好調な経営を続けている店舗もあります。

廃業のリスクにさらされずに営業している飲食店には、3つの特徴があります。

1. 飲食店経営の豊富な知識/下積み経験やリサーチで

下積みの経験がある人は、飲食店の経営を成功させやすい傾向があります。大手のチェーン店にはない技術や知識を有しているため、競合との差別化につなげやすいことが理由です。

また、他の人気の競合をリサーチして成功のポイントを探り、自店舗の経営に応用していくことも重要です。下積みを経験していることで、これらの行動に実践的に取り組めます。

2. 宣伝活動に力を入れている

店舗の魅力を伝えるにあたって、SNSの活用は効果的です。SNSには店舗や商品などの画像を投稿できますが、動画を投稿することでさらに訴求力のある宣伝につなげられます。

また、たとえ店舗がオンライン、オフラインでの流行の波に乗れたとしても、慢心するのは得策ではありません。周囲の環境に影響されない店舗のコンセプトをまず明確にして、顧客へ体験や食事といった価値を提供していくことが大切です。

3. 競合店との差別化

自店舗がある地域に競合となる飲食店が多数存在する場合、差別化がより強く求められます。

ほかの店舗にはないコンセプトを打ち出し、満足の高いサービスを提供することを心がけることで、自店舗ならでは価値を生み出せます。

独自の価値を創出することで、新規顧客の開拓だけでなくリピーターの獲得にも効果を発揮するでしょう。

飲食店の廃業を防ぐには

飲食店は開業率が高い業種ですが、同時に廃業率も高くなっています。競合が多く、客単価も低い傾向にあり、利益が出にくいためです。

しかし、これまでの同業店舗の廃業に至ってしまった原因を理解することで、同じ状況が起こってしまうことを防ぐことができるでしょう。

同業や競合の成功事例に学ぶことも、良好な経営を保つために有効な観点です。たとえば、顧客の食べたいと考えるメニューを開発したり、キャンペーンを実施したり、オンラインやオフラインでの宣伝に取り組むことは、廃業のリスクを回避する策になり得ます。

一過性の流行に頼ることなく、堅実な経営、競合との差別化、ならびに顧客満足の追求を継続することが大切です。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】