株式会社そごう・西武は4月6日、西武渋谷店に「メディア型OMOストア」を出店する計画を発表しました。オープン時期は2021年9月を予定しています。

この「メディア型OMOストア」とはどのような店舗なのでしょうか。

また、そもそも「OMO」とは何を指しているのでしょうか。解説します。

目次
西武渋谷、9月に「メディア型OMOストア」オープン。百貨店業界では初の試み
 そもそもOMOとは?
 西武渋谷のOMOストアでは、店頭とECがどのように融合する?
 出店者の業務負担も軽減
コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

西武渋谷、9月に「メディア型OMOストア」オープン。百貨店業界では初の試み

2021年9月、西武渋谷店にメディア型OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベース シブヤ)」がオープンします。

西武渋谷、百貨店初の「OMOストア」を9月にオープン/そもそもOMOとは?
(画像=▲メディア型OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベース シブヤ)」イメージ:株式会社そごう・西武プレスリリースより、『口コミラボ』より引用)

西武渋谷店パーキング館1階をフルリニューアルして展開されるこの店舗は、ミレニアル世代(2000年以降に成人を迎えた世代)やZ世代(1990年後半〜2012年頃に生まれた世代)といった若い世代をターゲットにしています。

このメディア型OMOストアの展開は、百貨店業界では初の試みだということです。

そもそもOMOとは?

OMOとは、Online Merges with Offlineの略で、オンラインとオフラインが融合した状態のことを指します。

コロナ禍の外出自粛などを要因としてEC利用が増加していることから、店頭とECの情報を連携させる取り組みは、実店舗における生き残りのカギとなっています。

OMOストアは、株式会社そごう・西武のリリースによれば「店頭とECで顧客・商品・在庫情報が統一されたストア形態」のことで、オンラインで購入した商品を店頭で受け取れるなど、ユーザーエクスペリエンスの向上が期待されます。

西武渋谷のOMOストアでは、店頭とECがどのように融合する?

店頭では、店内専用のWebカタログを用いて、スマートフォンから気に入った商品をカートに追加したり、お気に入りに登録したり、決済したりできます。これにより、買い物が非接触で完結します。

また、決済は完全キャッシュレスとなっています。さらに決済後には自宅配送も可能で、多様なニーズに合わせた受け渡し手段が用意されています。

一方ECでは、店頭で販売しているすべての商品を購入でき、一部商品をのぞいて店頭とECサイトの在庫情報はタイムラグなしで完全に連携されています。

ECサイトで注文した商品を店頭で受け取れるサービス・BOPIS(Buy Online Pick-up In Store)にも対応しています。

出店者の業務負担も軽減

「CHOOSEBASE SHIBUYA」に出店したブランド側の業務は、販売商品のシステム登録と商品配送のみとなっており、販促や在庫・売上管理などは株式会社そごう・西武が代行します。

店内業務オペレーションも最新のデジタルツールを活用することで効率化されており、業務負担は大きく軽減されているといいます。

さらにECサイトの訪問・購買データや、店頭のAIカメラによる動画データやWebカタログのデータなどを収集・解析することより、購買動向を把握し、マーケティングに活用できるということです。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】