ニュージーランド首相は2021年4月6日、オーストラリアからの渡航者について、実質19日から隔離なしでの入国を認めると発表しました。

ニュージーランドとオーストラリアでのトラベルバブルが本格的に始動することを意味しています

目次
NZ アーダーン首相「世界をリード」成果を強調

NZ アーダーン首相「世界をリード」成果を強調

トラベルバブルとは日本語では「近隣の域内旅行」と表現され、ある特定の条件に合致する人々だけが、限られたエリアの中を自由に行き来することを意味する概念です。

ニュージーランドは新型コロナウイルスの世界的な流行を受け、1年以上前に国境を封鎖していました。

一方、オーストラリアは6か月前から、ニュージーランドからの渡航者に対し、一部の州への隔離なしの入国を許可していました。

人口500万人のニュージーランドの新型コロナウイルス感染による死者はわずか26人で、人口2,500万人のオーストラリアでも、死者は1,000人未満にとどまっていることから、トラベルバブルを行うことが決定されました。

内閣による日程承認を受けニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は、両国間の往来は「2週間足らずで始まり、4月18日の午後11時59分からだ」と述べました。

アーダーン首相はトラベルバブルについて、「新型コロナウイルスの流入防止対策を維持しながら、2か国間の移動を可能にした国は世界中のどこにもないと思う」「ある意味、世界をリードしている」ことになる、と成果を強調しました。

ニュージーランドの観光業界は、トラベルバブルの実現により、2021年で最大10億ニュージーランド・ドル(約780億円)の経済効果が見込めるとしています。

アーダーン首相は、ニュージーランドでは間もなくスキーシーズンも到来することから、トラベルバブルを活用してほしいとオーストラリアの人々に呼びかけました。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる