ついに夢世界とのコンタクトに成功しました。

アメリカ、ドイツ、フランス、オランダの研究チームは、睡眠中の被験者とコミュニケーションを取る夢実験をそれぞれ実施。

その中で、夢に侵入することで、被験者とリアルタイムで対話することに成功したとのことです。

実験は、明晰夢(夢の中にいることを自覚し、自らの意思で行動できる夢)をコントロールできる被験者を対象としています。

研究は、2月18日付けで『Current Biology』に掲載されました。

目次
夢の世界の中に「外界からのサイン」を見つける

夢の世界の中に「外界からのサイン」を見つける

人はほぼ毎日夢を見ますが、なぜ夢を見るのかは脳科学的に解決されていません。

夢研究の遅れは、目覚めた後に夢の細部を忘れていたり、歪曲されたりすることに原因があります。

それは、脳が睡眠中に新しい記憶(=夢の記憶)をあまり作れない、あるいは覚醒直後に夢の情報を正確に保存する能力が制限されているからです。

そこで研究者たちは、夢を見ている人とのリアルタイム・コミュニケーションが可能かを試みました。

実験では、明晰夢を操れる被験者36名(4つの実験の合計人数)を対象として、夢を見るレム睡眠時に、外界からのサインに反応できるよう訓練を受けてもらっています。

夢に侵入し、睡眠者との「リアルタイム対話」に成功! まるで映画の世界みたいな研究結果
(画像=外からのサイン(IN)、被験者の応答(OUT) / Credit: cell、『ナゾロジー』より引用)

具体的に、外界からのサインは、実験者が直接かける話し言葉、光の点滅、ビープ音、肩や腕へのタップなどです。

それに対し、被験者は、目の動きやその回数、顔の表情の動きなどで合図します。

被験者の脳波と応答は、頭部につけた電極と、アゴ下のモーショントラッキング装置で記録されました。

その結果、36名中6名が、夢の中で外界のサインに応答したり、質問にイエス・ノーで答えたり、簡単な計算問題に正解したのです。

驚くべきはその応答の仕方で、被験者からは次のように報告されています。

「夢の中で友人とパーティーをしていた。そこに実験者の話しかける声が、映画のナレーションのように聞こえてきた。それに対し、決まった合図で”NO”と返答した」(下図の左)

「夢の中で電灯のついた部屋にいる。すると、天井の電灯が点滅を始めた。これを外界からのモールス信号と判断し、その点滅回数を目の動きで合図した」(下図の中央)

まるで映画の世界です。

夢に侵入し、睡眠者との「リアルタイム対話」に成功! まるで映画の世界みたいな研究結果
(画像=6名が応答に成功 / Credit: cell、『ナゾロジー』より引用)

ノースウェスタン大学(アメリカ)のカレン・コンコリー氏は「普通、眠っている人に合図を送ってもそれに答えてくれることはありません。しかし、今回の実験で、夢の中から応答が帰ってきた時には、信じられない思いがしました」と話します。

研究者らは「もし双方向のコミュニケーションが実現すれば、学習や心的トラウマへの心理療法として利用できるかもしれない」と期待を寄せています。

しかし、外から夢へ、夢から外へという双方向のコミュニケーションの成功は称賛に値する一方、明晰夢をコントロールできる人でもわずか6人しか成功しなかったことから、一般への適応は困難と思われます。

このコミュニケーションは、被験者の能力に多くを負っているようです。


参考文献

Lucid dreamers can hear and answer questions while still asleep, scientists find

Lucid Dreamers Can Communicate While Fast Asleep

元論文

Real-time dialogue between experimenters and dreamers during REM sleep


提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功