無意識であっても学習ができるようです。

3月4日に『Neuron』に掲載された論文によると、サルの脳に電気刺激をおこなうことで、視覚から得られた情報を無意識的に記憶させることに成功しました。

この結果はある条件下において、脳が意識を必要とせずに記憶を保存できることを示しています。

この仕組みを人間にも応用できれば、教科書の内容を丸暗記してテストに挑むといった「脳内カンニング」が可能となるかもしれません。

目次
研究の背景「好きな内容なら無意識でも記憶可能」
実験内容「記憶するだけなら意識も注意も努力も必要なし」
この研究のスゴイところ「人間に応用できれば暗記科目は脳内カンニングできる」

研究の背景「好きな内容なら無意識でも記憶可能」

2.好きな内容なら「無意識」でも記憶できると判明!
覚えたければ好きになれ。可能ならば脳汁が出るほど
(画像=Credit:Canva,『ナゾロジー』より引用)

苦労してとりかかる勉強や仕事の内容がさっぱり記憶できない一方で、好きなゲーム画面や推しキャラのプロフィールなら、簡単に覚えられます。

この不思議な現象は、古くから脳科学において重大なテーマでした。

近年の研究により、その不思議現象を解き明かす鍵となるのは、脳に快楽を与えるドーパミンだと分かってきました。

目にしている内容に対して脳がドーパミンを分泌すると、快楽を感じられ、情報は驚くべきスムーズさで脳内に定着していくのです。

反対に、快楽を感じない内容に対して、脳は非常に冷淡であり記憶の定着は遅々として進みません。

結果として、苦労して覚えた英単語や仕事を、3日も経たないうちに完全に忘れてしまう…という悲劇が起こります。

脳科学において「覚えたければ好きなる」ことが、鉄則だといえるでしょう。

ですが今回、ドイツのルーヴェン・カトリック大学(KU Leuven)の研究者たちは、さらに一歩進んで、記憶における意識の必要性を検証してみました。

快楽を感じさえすれば、脳は意識を必要とせずに、自動的に情報を記憶できるかもしれないのです。

実験内容「記憶するだけなら意識も注意も努力も必要なし」

3.好きな内容なら「無意識」でも記憶できると判明!
自分の力では好きになれない場合、脳に電気刺激を行い快楽回路を刺激する手がある
(画像=Credit:ナゾロジー,『ナゾロジー』より引用)

純粋な視覚情報の記憶に「意識」は必要なのか?

謎を解くために研究者たちは普通のサルと、「報酬系」を電気刺激したサルに対してさまざまな作業を同時並行でおこなわせました。報酬系とは快楽を感じる脳の回路のことです。

そしてさまざまな作業をしているサルの視界に「ぼやけた人型」の画像を提示しました。

これは人間で例えるならば、スマホで通話やメールをしているときに、急に突きつけられた画像を記憶するのと同じです。

結果、普通の状態のサルは作業に忙殺され、画像を記憶できませんでしたが、快楽の回路を刺激されているサルは画像を覚えることができました。

この結果は、快楽を感じているときは意識や努力を必要とせずに視覚情報を自動で保存できることを示します。

また作業後のサルの脳の状態をスキャンした結果、快楽を得ていたサルの脳は血流が増加し、より活発に働いていたことが示されました。

この研究のスゴイところ「人間に応用できれば暗記科目は脳内カンニングできる」

4.好きな内容なら「無意識」でも記憶できると判明!
記憶した画像はテスト会場に持ち込んだ教科書のように使えるために「脳内カンニング」が可能
(画像=Credit:Canva,『ナゾロジー』より引用)

今回の研究で、快楽を伴った状態がサルの脳を「自動記憶装置」のように変えられることを示しました。

この結果は、脳は無意識の状態でも視覚情報を記憶ができることを示唆しています。

もし同じ仕組みが人間の脳にある場合、脳刺激と組み合わせることで教科書を丸暗記するような自動記憶が可能になるかもしれません。

ただこの場合、教科書の内容はあくまで風景の一種として記憶されるため、テストで点数を取るには記憶した内容を「脳内で改めて読書する」という過程が必要となるでしょう。

それでも、暗記科目では「脳内カンニング」となって絶大な効果を発揮すると期待されます。

また快楽の回路を作動させる仕組みは、パーキンソン病や外傷性脳損傷などドーパミン不足が関連する認知症治療にも応用できます。

ただし、快楽を自動で引き出す仕組みを使いすぎると、脳がドーパミン中毒になる危険性があるので要注意かもしれません。

ビリビリするのは嫌なので、電気刺激以外で脳にドーパミンをさせる手法の確立に期待ですね。


参考文献
Researchers discover how the brain learns from subconscious stimuli

元論文
Electrical stimulation of the macaque ventral tegmental area drives category-selective learning without attention


提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功