白タヌキが長野〜三重まで広がっていた!「アルビノ遺伝子」の広域拡散は世界初の事例(京都大学)
(画像=『ナゾロジー』より引用)

日本のタヌキに、世界でも前例のない異変が起きているようです。

京都大学 霊長類研究所は、中央アルプス山麓(長野県)で数十年前から頻繁に目撃されている「白いタヌキ」を調査し、アルビノと特定。

さらに、そこから約170キロ離れた伊勢(三重県)でも、同じ遺伝子異常によるアルビノの白タヌキが発見されました。

両者には遺伝的つながりがあると見られ、アルビノ個体の繁殖がこれほど広範囲にわたっている例は世界でも初めてです。

研究は、3月6日付けで『Genes & Genetic Systems』に掲載されました。

目次
アルビノ個体が170kmを横断?

アルビノ個体が170kmを横断?

研究チームは2017年1月に、長野県飯田市で捕獲された白タヌキ(「リュウ」と命名)を遺伝子分析し、メラニン色素の合成をつかさどる「チロシナーゼ遺伝子」が変化していることを突き止めました。

メラニンは、一連の化学反応で合成され、その最初の反応をチロシナーゼという酵素が担っています。

白タヌキが長野〜三重まで広がっていた!「アルビノ遺伝子」の広域拡散は世界初の事例(京都大学)
(画像=チロシナーゼの働き / Credit: 京都大学、『ナゾロジー』より引用)

通常のタヌキでは、アミノ酸を全部で529個もっており、その内の363、367、389、390番目がチロシナーゼの正常な機能を請け負っています。

しかし、リュウを調べてみると、347〜394番目までのアミノ酸がごっそり抜け落ちていたのです。

これにより、メラニンが合成されず、アルビノ体色となっていました。

タヌキの寿命は野性下で10年ほどであるため、中央アルプスに見られる白タヌキたちは、繁殖によって同じ遺伝子を代々受け継いでいると推測されます。

白タヌキが長野〜三重まで広がっていた!「アルビノ遺伝子」の広域拡散は世界初の事例(京都大学)
(画像=リュウの遺伝子が「領域3」だけ欠落していた / Credit: 京都大学、『ナゾロジー』より引用)

また、2014年には、長野のグループとは別に、三重県の松坂でも白タヌキ(「ポン」と命名)が発見されています。

ポンは、交通事故にあって保護された個体で、動物病院にて治療を受けました。

その後、同チームがポンの遺伝子を調べた結果、リュウとまったく同じくチロシナーゼ遺伝子に異常を起こしていたのです。

リュウの遺伝子異常は非常に複雑であり、これとピッタリ一致する変異が、別個体で偶然起こるとは考えられません。

飯田と松坂は、直線距離にして約170キロ離れていますが、アルビノの原因遺伝子がどこかで生じ、代々受け継がれながら、両地点にたどり着いたと思われます。

白タヌキが長野〜三重まで広がっていた!「アルビノ遺伝子」の広域拡散は世界初の事例(京都大学)
(画像=Credit: 京都大学、『ナゾロジー』より引用)

白タヌキが長野〜三重まで広がっていた!「アルビノ遺伝子」の広域拡散は世界初の事例(京都大学)
(画像=長野県飯田市(右)、三重県松坂市(左) / Credit: 京都大学、『ナゾロジー』より引用)

研究主任の古賀章彦(こが・あきひこ)教授は「アルビノ体色をもたらす遺伝子が、これほど広範囲に拡散している事例は初めて」と指摘します。

その一方で、アルビノ個体は一般に、野生下での生存に不利とされます。

理由は以下の3つです。

・メラニン欠如のため、紫外線を防ぐことができず癌になりやすい

・眼球の色素もないため、視力が低下する

・白い体色が目立つため、野性下で天敵のターゲットにされやすい

こうしたハンデがありながら数十年以上も、しかも広範囲にわたって白タヌキが繁殖しているのは非常に驚くべきことです。

古賀教授は「タヌキが残飯を食料にしたり、排水溝をねぐらにしたりと、都市環境に適応したことで、種間の生存競争がゆるんだ可能性がある」と推測します。

このまま繁殖が進めば、日本では日常的に白タヌキが見られるようになるかもしれません。


参考文献

‘中央アルプスと伊勢で発見された白いタヌキの体色変異の原因を解明 ―アルビノ遺伝子の哺乳類における広域拡散の初事例―

元論文

A mutant gene for albino body color is widespread in natural populations of tanuki (Japanese raccoon dog)


提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功