世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー」が「2020トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト 観光地」を発表しました。

「2020トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト 観光地」とは、国内外の旅行者がシェアした口コミや評価、保存内容などにもとづき、優れた観光地を選出するものです。

2020年のランキングでは、日本の高松市(香川県)が、今後注目の観光地として世界で17位にランクインしました。

本記事では、トリップアドバイザーのランキングについて詳しくご紹介します。

目次

トリップアドバイザー「2020トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト 観光地」を発表

2020年2月25日、世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー」が「2020トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト 観光地」を発表しました。

2020年のランキングから、新たに「注目の観光地」と「今後注目の観光地」という2つのカテゴリーが追加されました。

「注目の観光地」とは、過去1年間で旅行者からの口コミや評価が急上昇した観光地を選出するものです。「今後注目の観光地」は、すでに一部の旅行者によってお気に入りの観光地として「旅リスト」に保存されており、今後人気が出ることが注目される観光地のランキングです。

いずれもトリップアドバイザーを利用する旅行者による、宿泊施設やレストラン、観光施設の口コミや評価をもとに、前年比の増加や予約の関心度、検索量の増加などを考慮して独自のアルゴリズムによって決定されています。

トリップアドバイザーのブランド部門バイスプレジデントのニーラ・パル氏は、新しい場所を発見するためのインスピレーションや計画に最適な指標になるとコメントしています。

「今後注目の観光地ランキング世界トップ25」に香川県がランクイン

「今後注目の観光地ランキング世界トップ25」は、トップ5として、ロシアのカリーニングラード、アルバニアのサランダ、レバノンのベイルート、エジプトのルクソール、ギリシャのナウサの順にランク付けされています。

6位以降にもドイツのリューゲン島やベトナムのフーコック島、イタリアのモノーポリ、ボリビアのラパスなどユニークな観光地が並ぶなか、日本からは唯一、香川県の高松市が17位にランクインしています。

高松市の観光スポットとして人気の「栗林公園」は近年、トリップアドバイザーの「外国人に人気の観光スポット」ランキングにおいても3年連続でランクインしており、人気の高さがうかがえます。

今後注目の観光地ランキング世界トップ25

  1. カリーニングラード, ロシア
  2. サランダ, アルバニア
  3. ベイルート, レバノン
  4. ルクソール, エジプト
  5. ナウサ, ギリシャ
  6. リューゲン島, ドイツ
  7. フーコック島, ベトナム
  8. モノ―ポリ, イタリア
  9. ラ パス, ボリビア
  10. キュラソー, カリブ諸島
  11. オレロン島, フランス
  12. グアヤキル, エクアドル
  13. タルサ, アメリカ
  14. イプスウィッチ, イギリス
  15. フランシュフック, 南アフリカ
  16. タンジール, モロッコ
  17. 高松市, 日本
  18. カーラ デ オル, スペイン
  19. ペトロポリス, ブラジル
  20. アントワープ, ベルギー
  21. ミリッサ, スリランカ
  22. アルヴォル, ポルトガル
  23. ウイニペグ, カナダ
  24. ダーウィン, オーストラリア
  25. アグラ, インド

香川県はインバウンドから注目されている

香川県は、日本のインバウンド市場において特に注目を集める地域です。

香川県における2012年~2017年の外国人延べ宿泊者数の伸び率は10.52倍と全国で1位を記録し、2018年には50万人を突破しました。

インバウンド誘客では韓国・中国・台湾・香港を重点市場としており、現地旅行会社やメディアとの連携から、プロモーションの強化につなげています。

さぬき地域といえば、直島や瀬戸内芸術祭など、アートを巡る旅がインバウンドに人気ですが、近年では他にもさまざまな観光コンテンツへの注目が高まっています。

名産のさぬきうどんを作る体験や、欧米豪からのインバウンド客に人気の高い「お遍路さん」、ボリビアのウユニ塩湖のようだと話題のスポット「父母ヶ浜」なども注目されています。

2021年は「オンラインうどんタクシー」も

さらに2021年には、香川県の琴平バス株式会社が特別企画として「オンラインうどんタクシー」も開催する予定です。

自宅で旅行気分を楽しめる「バーチャルとリアルの融合」を目指すもので、うどんタクシー専任ドライバーによる案内や、現地の人や他の参加者との会話も楽しみながら、うどんの歴史や文化を学び体験することができます。

琴平バスは2020年にもインバウンド向けの四国周遊オンラインバスツアーも企画し成功させています。

▲オンラインうどんタクシー:琴平バス株式会社
(画像=訪日ラボより引用)

<参照>

PR TIMES:注目の観光地、今後注目の観光地は?トリップアドバイザー、「2020トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト 観光地」を発表

Tripadvisor:トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる