人気ゲーム「Ghost of Tsushima」の舞台ともなった、長崎県対馬市の神社「和多都美神社(わたづみじんじゃ)」が、大鳥居を修復するためのクラウドファンディングで、目標の5倍超となる支援金を集め、大きな成功をおさめました。

背景には「Ghost of Tsushima」の海外での高い人気があると考えられ、対馬の観光地としての可能性に注目が集まっています。

本記事では、和多都美神社によるクラウドファンディングの詳細を解説し、「Ghost of Tsushima」の人気がインバウンドに与える影響を考察します。

目次
クラウドファンディング
 ▶︎対馬が舞台となったゲーム「Ghost of Tsushima」の人気
 ▶︎海外からも大きな反響が
「Ghost of Tsushima」の人気がインバウンドに与える影響を予想
 ▶︎1. 聖地巡礼
 ▶︎2. アドベンチャーツーリズム
人気ゲームの舞台となった対馬:自然と歴史を活用したインバウンド対策につなげる

クラウドファンディング

長崎県対馬市にある神社「和多都美神社」が、2020年9月の台風10号によって倒壊した大鳥居を修復するための支援プロジェクトとして、クラウドファンディングを実施しました。

2020年11月27日からスタートし、2021年1月10日の終了時までの約1か月半の期間で集まった支援総額は2,710万3,882円にのぼり、500万円の当初目標対比542%と大きな成功を収めました。

支援者総数は2,014人で、支援者からのコメントには、対馬が舞台となったゲーム「Ghost of Tsushima」がきっかけで対馬に興味を持ったという声が多くみられました。

クラウドファンディングの大成功や海外からの祝福など、これほどまで大きな注目を集めた背景には、「Ghost of Tsushima」の高い人気があります。

対馬が舞台となったゲーム「Ghost of Tsushima」の人気

「Ghost of Tsushima」は、2020年7月17日に、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)から発売されたPlayStation 4用ゲームソフトです。

長崎県の「対馬(對馬)」を舞台にしており、元軍(モンゴル帝国軍)の侵攻を受けた「文永の役」が題材となっています。

風で揺れるススキや荘厳な雰囲気の神社など、美麗なグラフィックも話題となり、発売から3日間で全世界での累計実売本数240万本を突破し、SIEが発売した新規IPのPS4用ソフトとしては過去最速の記録となりました。
 

訪日ラボ
(写真=訪日ラボより引用)

海外からも大きな反響が

和多都美神社によるクラウドファンディングは海外でも話題を呼んでおり、「Ghost of Tsushima」を開発したアメリカのゲーム会社「SuckerPunchProd」のツイートには約8,000件もの「いいね!」が集まりました。

SuckerPunchProdが引用したメディア「Eurogamer」のツイートにも「いつか行ってみたい」「素晴らしい」など好意的なコメントが寄せられています。

「Ghost of Tsushima」の人気がインバウンドに与える影響を予想

「Ghost of Tsushima」の海外での人気から、実際に対馬がインバウンドの目的地として注目される可能性があります。

どのような形のツーリズムに可能性があるのか、それぞれご紹介します。

1. 聖地巡礼

「Ghost of Tsushima」は、日本の自然を忠実に再現した美しいグラフィックが人気で、Facebookページやクラウドファンディングの記事へのコメントにも「行ってみたい」という声が多数見受けられます。

こうしたゲームやアニメ、映画に登場する場所を訪れる「聖地巡礼」は、インバウンドの間でも人気になっています。

今回クラウドファンディングを実施した和多都美神社は「Ghost of Tsushima」の舞台のひとつでもあり、今後聖地巡礼の需要が高まるのではないでしょうか。

2. アドベンチャーツーリズム

アドベンチャーツーリズム(AT)とは、「アクティビティ」「自然」「文化体験」のうち、2つ以上の要素によって構成される旅行のことを指します。

その市場規模は2016年で約4,448億ドル(49兆円)、2023年には約1兆3,357億ドル(147兆円)まで拡大すると予測されています。

またアドベンチャーツーリズム旅行者の1回あたりの平均消費額は約3,000ドル (33万円)で、訪日外国人旅行者の平均消費額15万4千円の2倍以上となっています。

その市場規模と消費額の大きさからも、観光庁もアドベンチャーツーリズムをインバウンド誘致に有効な手段として推進していく考えです。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、旅行者の志向は、世界的に「少人数」、「都市から離れた場所への旅行」、「自然の中を楽しむ旅行」へとシフトしています。

この傾向を満たし、かつクオリティの高い体験を提供するのがアドベンチャーツーリズムであるといえます。

対馬は山林が面積の89%を占める自然豊かな島であり、 自然を活かした白嶽や金田城のトレッキング・釣りなどのアクティビティが人気となっています。

「Ghost of Tsushima」をきっかけに対馬の歴史・景観に興味を持ったインバウンド客の集客に活用できるのではないでしょうか。

人気ゲームの舞台となった対馬:自然と歴史を活用したインバウンド対策につなげる

対馬はゲーム「Ghost of Tsushima」のヒットをきっかけとして、海外からの注目が大きく高まっています。

今回の和多都美神社によるクラウドファンディングの大成功は、それを裏付ける出来事となりました。

コロナ禍を経て、アドベンチャーツーリズムの高まりが期待でき、自然と歴史を活用したインバウンド対策が今後さらに重要となるでしょう。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる