クレジットカードは料金を後払いにできる便利な仕組みだが、無制限に使用できるわけではない。では、クレカの利用限度額はどのように設定されているのだろうか。

今回はクレジットカードの利用限度額の決め方や上限まで使うとどうなるのか、利用限度額を増やす方法などについて解説する。

クレカの利用限度額とは

利用限度額とは文字通りクレジットカードを利用できる上限金額のことだ。限度額は利用者一律ではなく、カード会社や個人の属性などによって異なる。

利用限度額はどうやって決まるのか

クレジットカードの利用限度額はカード会社の規定や個人の属性によって決まる。属性とは本人にどのくらい支払い能力があるかを判断するための情報だ。

具体的には勤務先、勤続年数、役職、年収、家族構成などのことである。

過去のクレジットカードや分割払いの支払い履歴である信用情報も重要だ。これらとカード会社内の規定を照らし合わせ、利用限度額が決められている。

利用限度額の内訳

利用限度額はショッピング枠、ショッピング残高枠(割賦枠)、キャッシング枠に区分できる。

ショッピング枠は買い物をするときにクレジットカードで支払える総額のことである。ショッピング残高枠(割賦枠)はショッピング枠のうち、リボ払いや分割払いに利用できる上限金額だ。

キャッシング枠はクレジットカードで現金を借入するときの限度額だ。キャッシングを利用しない人は、ショッピング枠が総利用枠となる。なお、キャッシング枠はショッピング枠に含まれるため、キャッシングを利用すると買い物時にカード決済できる残高が減る。

利用限度額の平均

利用限度額はカードの種類によって概ね決まっている。三井住友カードを例にとると、一般カードが100万円、ゴールドカードが200万円、プラチナプリファードカードが500万円までの範囲で設定される。

これに個人の属性や信用情報を加味して限度額が決まると考えてよいだろう。