訪日外国人のコト消費が注目されてからもうしばらく経ちますが、その勢いは衰えていません。

今回この記事では、そんなコト消費の中でもスポーツツーリズム、特にスキーに的を絞り、プライベートスキーレッスンのマーケットについて紹介します。

主に北海道、長野県、新潟県などで特にニーズが高いそのプライベートレッスンですが、実際にプライベートレッスンの指導をされている方に実際に取材した情報も紹介します。

新型コロナウイルスの影響で今季のウインターシーズンのインバウンド需要を見込むことは厳しい状況は続いていますが、日本のハイクオリティな雪質が消えない限りスノーツーリズムのマーケットは長期的に成長する市場といえるでしょう。その根拠についても、中国政府のスキー人口増加政策などと併せて紹介します。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日外国人向けプライベートスキーレッスン、4時間10万円~も

日本の中で、特に外国人に人気のスノーリゾートと言えば、北海道のニセコエリアや長野県の白馬エリアなどがあります。

「JAPAN(ジャパン)」と、良質の「POWDER SNOW(パウダースノー」を併せて「JAPOW(ジャパウ)」という造語まで作られましたが、まさにこの良質の「JAPOW」を体験できるのがニセコや白馬です。

特にニセコは、インバウンドにおけるスノーツーリズム最先端地域と言っていいほど訪日外国人が集まるエリアとなっています。住み着いてしまったり、気に入って毎年長期間ニセコに通う外国人富裕層も非常に多いのが特徴です。

そんなニセコエリアでは、プライベートスキーレッスンと呼ばれる、マンツーマンもしくは一家族にひとりのスキーインストラクターがついてエリアを案内したりスキーを教えるというレッスン(ガイド)プログラムがあります。

個人間でのやり取りや友人の紹介、レッスンスクール事業として営む業者がいたり、その形態は様々です。

レッスン料金に関して、ニセコエリアは特に単価が高く、午前2時間、昼休憩を挟み午後2時間の合計4時間で、スキー後の周辺飲食店案内などを含めると最低10万円~という価格設定です。

通常一般的な日本人向けのスキーレッスンの相場は半日で3,000円~4,000円、終日で5,000円~7,000円の価格設定がほとんどであることから、日本人の感覚からするとびっくりしてしまうかもしれません。

しかし、実は海外のスノーリゾートの事例と比較すると、そこまで驚くほどの価格設定ではないことがわかります。

例えば、カナダのスノーリゾートとして有名なウィスラーエリアのスキー場のwebサイトで、大人向けのプライベートスキーレッスンの料金は、999カナダドル=日本円で約8万円です。

▲[Adult Pass Programs]:WHISTLER BLACKCOMB ウェブサイト(写真=訪日ラボより引用)

このように、ニセコエリアの4時間10万円~というのは、グローバルな目線で見ると、決して高すぎるものではないことが分かります。

また、レッスンと言っても実際には家族で訪れているグループの子どものベビーシッターのような役割として引き受けることもあるそうで、本格的にスキーを教える必要もない場合も多いようです。

しかしここまでの高単価はニセコエリアでしか見られず、長野県の白馬エリアにおける外国人向けスキーレッスンは、4時間で3万円~というのが相場のようです。

これは、ニセコと白馬との物価の違いと、レッスンやガイドを受ける訪日外国人の国籍の違いに起因すると考えられます。ニセコでは土地・物価の高騰が顕著であり、スキー場エリアはラーメンが一杯2,000円以上で提供されています。

また、ニセコエリアは欧米豪などの訪日旅行における消費金額の高い市場からのスキーヤーが多いために、このような価格になっているとも考えられます。

長野県もオーストラリアからの訪日客を筆頭に、欧米豪市場からの訪日客が徐々に増加していますが、現状は台湾、中国、香港といった東アジアからのスキーヤーの割合の方が高く、ニセコほど物価の高騰は進んでいません。それでも、4時間で3万円~というのは、日本人からするとかなり高い報酬だといえます。

▲[【訂正版】平成30年 外国人延宿泊者数調査結果 年別延宿泊者数]:長野県観光部山岳高原課(写真=訪日ラボより引用)

中国政府のスキー人口増加政策

2022年の冬季五輪は、中国・北京での開催が予定されています。それに伴い、中国習近平国家主席は政府主導で中国国内のスキー・スノーボード人口を3億人まで増やすことを目標に掲げました。そのため中国では急ピッチでスキー場の建設が進んでいます。

その他にも施設の充足、大会の増加、組織組成、産業の発展、国民への普及なども、中国のウインタースポーツの普及計画として政府の政策に盛り込まれています。

そういった動きもあり、中国国内ではスキー人口が急増しています。

雪質の良さを求めて日本へ

しかし、実際の中国国内のスキー場は場所によってはリフト券代が日本や欧米諸国よりも高額であることもあり、中国国内のスキーはまだまだ富裕層を中心にしか普及していないのが現状です。

例えば、FULONG SNOW PARKという北京から車で4時間ほど北上したスキー場ですと、リフト1日券が平日で500元(約9,000円)、休日で600元(約10,000円)ほどします。

また、中国の気象条件では過去に積雪50cm以上を記録した地域は非常に少なく、黒龍江省と吉林省の一部のみとなっています。そのような環境から、中国は主に人工雪で建設されているスキー場が大半であり、雪質は日本と比べると劣るようです。

また、現場でスキーの指導を行っているインストラクターから直接聞いた情報によると、中国ではスキーインストラクターが圧倒的に不足しているとのことです。実際に中国から日本のインストラクターに、「ワンシーズン丸々中国のスキー場でスキー指導をして欲しい」というリクエストがきているとのことです。それもかなりの高報酬だといいます。

こうした背景もあり、良質の雪である「JAPOW」とスキーレッスンを求めて、中国人富裕層は日本にスキーをしに訪日するということです。

「富裕層向け」プライベートレッスンの様子は

実際に、来日した中国人富裕層の子供にスキーレッスンを行ったインストラクターの話を聞いたところ、やはり午前午後2時間ずつ、トータル4時間で3万円の報酬を受け取ったそうです。

休憩時間であるランチも子供と一緒にとったそうですが、「ランチ代は僕が奢るよ」と言い、ポケットからくしゃくしゃの1万円札を出して本来レッスン費用に含まれていないインストラクター分のランチ代も出してくれたそうです。

その中国人の子供は英語もかなり話せたそうで、中国でエリート教育を受けていることが見て取れます。

また、現場で実際にレッスンを行っているインストラクターによれば、中国人富裕層が日本でスキーレッスンを受ける理由はレジャー目的はもちろん、雪に恵まれた日本で子供にスキーの英才教育をさせたいというニーズもあるようです。冬季北京オリンピックを契機に、このような需要も今後活発化するかもしれません。

プライベートスキーレッスンの注意点

プライベートスキーレッスンには注意点もあります。それは、「資格」と「保険」です。

事業としてスキーレッスンを行う場合は、この二点は特に重要な確認事項となってきます。

スキー学校でスキーを指導するためには、指導員資格が必須

スキーレッスンのインストラクターになるには、何をどこまでやるかによって資格(ライセンス)が必要です。

具体的には、SAJ公認スキー準指導員、SAJ公認スキー指導員があり、全日本スキー連盟公認のスキー学校で指導する場合は、この指導員資格が必ず必要になってきます。

資格取得は、各都道府県のスキー連盟にて可能となっています。個人間などで行う場合には問題ありませんが、事業として行う場合は指導員資格の取得は必須となります。

この指導員資格については、訪日観光における「白タク問題」が以前話題になったように、注意しておくべきポイントといえるでしょう。

「白タク」は、営業許可を持たない在日中国人が訪日中国人旅行客にサービスを提供して利益を得るという図式でした。

スキーレッスンの場合も白タク同様、無資格で外国人旅行客に対して営業する在日外国人を捕捉することは難しく、また、あくまで個人間でスキーを指導する場合にはなんら問題にはならないため、一層問題の全貌を明らかにすることは難しくなるでしょう。

しかし適切な資格を持って指導にあたることは、特に訪日客の安全を守る上で重要となります。訪日客には適切なスキーレッスンのサービスを受けるよう注意喚起をする必要があります。

万が一のため、お客様には保険に加入してもらう

欧米豪では比較的当たり前のことですが、彼らはスキー体験に対して万が一のことを考えてしっかり自身で保険をかけています。

しかしアジアではほとんどの人が保険をかけていません。これは日本人にも同じことがいえます。もしそんな状況で何か事故が起きた際のインストラクターの責任は当然重く、最も注意するべき点といえます。

訪日外国人向けのスキーレッスンで事業展開などを考える際には、事前にお客様にスキーレッスンを受けるには保険加入が必須であることを伝え、加入していただくのが安全です。

スキーレッスンの当日保険に加入していただくというのも手ですが、その場で「要らない」と言って断られる可能性や、無理に加入を勧めてしまってトラブルになる可能性もあります。

日本人の場合は保険の説明を当日に受けても、すんなり保険料をその場で払ってもらえることがほとんどであり、問題にはなりません。しかし、訪日外国人にも同じ接客で対応できるとはいえません。

そのため、事前に保険の案内を済ませておくことが双方にとってストレスがないといえるでしょう。

スキー保険はLINEやYahoo!、auなど多くの事業者がネット上やアプリ上で販売しており、手続きも簡単に済ませることができます。

スキーは怪我や事故も多いスポーツで、取り返しのつかない状況に陥ることがあります。特にビジネスとしての展開を考えているのなら、リスクはなるべく抑え、安全に事業を展開するべきです。

日本のスノーツーリズムの可能性

新型コロナウイルスの影響による訪日客の客足の減少は避けられませんが、日本のスノーツーリズムはまだまだ可能性に満ちたマーケットです。

しかしスキーレッスンを実施するにあたって、日本人の外国語への不安や、実際に行動に移す実行力の不足という別の課題もあるのも事実です。

他方、スキーインストラクターとして海外、特に欧米豪から冬のシーズンに出稼ぎに来る外国人も多く、外国人が外国人にビジネスを展開している現状もあります。

それ自体は決して悪いことではありませんが、日本人が日本のことを正しく伝えられ、日本にお金が落ちる仕組みをつくることを目指すべきでしょう。

日本のスノーツーリズムに関わる事業者は世界的に見ても雪質に非常に恵まれている環境を大きなチャンスと認識し、情報を発信し、グローバルな視点でビジネスを展開することが求められます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる