新規申込や更新で新しいクレジットカード(クレカ)が届いたら、すぐに署名をすることが望ましい。

面倒だからという理由でそのままにしておくと、思いがけないトラブルに巻き込まれる恐れがあるためだ。

今回の記事では、クレカの裏面の署名欄の意味と、署名欄にサインしなかった場合に起きるトラブルについて解説する。

クレジットカード裏面の署名欄の意味

クレカの裏面に署名欄が設けられているのは、悪用を避けるためである。

クレカ決済を行う際、かつては売上票へのサインも広く用いられていた。そのため、売上票のサインとクレカの裏面の署名欄に記入されているサインが一致するかで、本人確認を行っていたのである。

現在は暗証番号による本人確認が主流のため売上票にサインする機会は少ないかもしれないが、そのような意味があることは覚えておくとよいだろう。

もし署名欄にサインしなかったら

仮に、署名欄にサインをしていない状態でクレカを紛失した場合、不正利用されるリスクが高まるだろう。

本来は、クレカが不正利用されたとしても、一定の範囲内で補償が受けられる。しかし、署名欄にサインをしていない状態での紛失は「利用規約違反」とみなされ、補償の対象外となるため注意したい。

また、店舗の側からも、署名欄にサインのないクレカの利用は断ることができる。不正利用を疑われ、警察に通報されるなどトラブルに発展する可能性もあるため、今一度サインが付されているかをご確認したい。

【関連記事】
複数持ちでも使える!クレジットカード最強の5枚がこれ