英語で日本を紹介するWebメディアとして、年間で2,000万人以上が訪れるジャパンガイド(japan-guide.com)は、1996年に開設されてから、長期に渡って訪日客の主要な情報ソースとなってきました。

英語サイトとしては、訪日メディアとして国内最大規模になります。

そのジャパンガイドへの海外からのアクセスが、日本の入国上限撤廃(外国人個人旅行客の受入再開)後に非常に大きな変化を見せています。

開国報道後、シンガポールからのアクセス「915%」増 世界最大級の訪日メディアデータから
(画像=▲How to Enter Japan:japan-guide.com公式サイト,『訪日ラボ』より 引用)

目次

  1. コロナ前後でのアクセスの変化についての分析
    1. シンガポールからのアクセスが9倍増 (前年同月比)
    2. 補足情報

コロナ前後でのアクセスの変化についての分析

2022年10月11日に外国からの個人旅行者にも日本の国境が開かれてから、ほぼ1ヶ月が経とうとしています。

東京や京都の主要観光地では、すでに欧米豪圏や香港、シンガポールなどの国からと思われる訪日客の方々が多く見られるようになりました。

2020年の国境閉鎖以降、ジャパンガイドへのアクセス数も大幅に減少していましたが、日本の国境が開くというニュースが世界的に流れた2022年9月23日以降、サイトへのアクセス数が急激に増加しています。

今回は2022年9月23日以降のjapan-guide.comにおけるアクセスを分析し、コロナ前後でのアクセスの変化について分析していきたいと思います。

シンガポールからのアクセスが9倍増 (前年同月比)

図表1は、2022/9/23-2022/10/22と2021/9/23-2021/10/21のサイト全体へのアクセスを比較したものです。

開国報道後、シンガポールからのアクセス「915%」増 世界最大級の訪日メディアデータから
(画像=▲図表1,『訪日ラボ』より 引用)

各国からアクセスが全体的に増加している様子が見受けられますが、アメリカ、イギリス等については、コロナ期間中においても”日本食”、”日本の歴史”、”日本の宗教”などの文化関連ページへのアクセスが一定数発生しており、増加率という観点ではそこまで極端な変化はありませんでした。

一方、シンガポール、タイ、マレーシアといった東南アジアからのアクセスについては、国境再開後により具体的な訪日計画をするユーザーが増えたためか、200%以上の伸び率となりました。

その中でもひと際目を引くのがシンガポールからのアクセスです。

シンガポールにおいては、2021/9/23-2021/10/22のアクセス数(=セッション数)が25,212だったのに対し、2022/9/23-2022/10/22のアクセス数が225,905と実に915%の増加がみられました。

このことについて、シンガポール出身のジャパンガイド専属ライターであるレイナ・オンにヒアリングを行ったところ、下記のようなことが要因として考えられるのではないか、という回答がありました。

シンガポールからのアクセスが急激に増加した要因

  • シンガポール人はもともと訪日意欲の高い人が多く、これまで旅行が制限されていたのが解禁されて旅行を計画する人が急増した
  • 解禁後2週間が経過し、すでに日本を訪れた人などの情報を得て旅行を計画し始めている人が多い
  • 12月の休暇に向けて旅行意欲が高いタイミングと重なった

さらに興味深いのがシンガポールからの人気ページトップ10の変化です。

開国報道後、シンガポールからのアクセス「915%」増 世界最大級の訪日メディアデータから
(画像=▲シンガポールからの人気ページトップ10:2022/9/23-2022/10/22、2021/9/23-2022/10/22 Google Analytics参照,『訪日ラボ』より 引用)

コロナ期間中においては、他国同様、シンガポールにおいても日本の食文化などを学ぶページに多くアクセスがされていました。

それに対し、国境再開後は”Japan Rail Pass”や”Hyperdia”、”新幹線”等具体的に訪日を計画するユーザーに多く閲覧されるページへのアクセスが増加しています。

また、エリアページへのアクセスについて、コロナ前、中においては”東京”、”北海道”など、東日本へのアクセスが多かったのに対し、コロナ後は、”大阪”、”京都”、”名古屋”が人気となっていました。

これについて、前述のシンガポール出身のライターのコメントは以下の通りです。

  • シンガポールから関西国際空港、中部セントレア空港、福岡空港などへの直行便チケットのほうが値段が安い(東京に比べて)
  • マイルの交換できるチケットが東京は人気ですでに完売しているので、大阪や名古屋INでそこから移動する人などが多い傾向にある
  • ジャパンガイドのサイト全体に対して西日本ページにアクセスが多いのもこれが要因と推測できる

また1,2か月後には状況が変わってくるものと推測されますが、コロナ後の傾向を知るうえでのご参考になれば幸いです。

補足情報

■シンガポールから外国への旅行者数

2006年から2019年まで14年連続で増加し、2019年には過去最高の1,071万717人を記録した。

2019年時点のシンガポールの人口は約580万人であり、住民1人につき1年に2回弱の外国旅行をした計算になる。

(2019年JNTO訪日外国人消費動向調査より抜粋)

■シンガポールからの訪日数

2017年には前年比11.7%増の40万4,132人と、初の40万人台に達した。

さらに、2018年に前年比8.2%増の43万7,280人、2019年に前年比12.6%増の49万2,252人と、過去最多を更新した。

(2019年JNTO訪日外国人消費動向調査より抜粋)

■japan-guide.comにおける(コロナ前の)シンガポールからのアクセス

年間3,439,004セッション(2019/1/1-2019/12/31)

年間1,484,111ユニークユーザー(2019/1/1-2019/12/31)

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる