観光庁は10月28日、「インバウンドの本格的な回復に向けた政策パッケージ」の決定について発表しました。

インバウンド消費5兆円超の速やかな達成を目指し、関係省庁の施策も総動員して集中的な取組みを実施していくとしています。

観光庁「インバウンドの本格的な回復に向けた政策パッケージ」決定

内閣総理大臣が主宰する観光立国推進閣僚会議は10月28日、第17回会合を持ち回りにて開催し「インバウンドの本格的な回復に向けた政策パッケージ」を決定しました。

日本各地の魅力を全世界に発信する「観光再始動事業」など集中的な取り組みを実施し、円安のメリットを活かしてインバウンド消費5兆円超を速やかに達成することを目指すものです。


政府、インバウンド消費「5兆円超」目指す政策パッケージ発表
(画像=▲インバウンドの本格的な回復に向けた政策パッケージ:観光庁、『訪日ラボ』より引用)

政策パッケージの4つの柱

政策パッケージでは、以下の4つの柱が掲げられています。

  1. 特別な体験の提供
  2. 大自然の魅力を活かした新たな体験の提供
  3. イベントをフックとした誘客の促進
  4. 戦略的なプロモーション、CIQ等の受入環境整備

「特別な体験の提供」は、世界遺産である姫路城の限定公開など、全国津々浦々で特別な体験や期間限定での取組を提供するものです。

「大自然の魅力を活かした新たな体験の提供」では、自然と触れ合う「アドベンチャーツーリズム」など新コンテンツの提供を推進し、国立公園などの取り組みにおいても、夜間活用の推進などもう一段の深化を図ります。

「イベントをフックとした誘客の促進」においては、「観光×アート」、「スポーツ」、「テーマーパーク関連イベント」などにより全国各地への誘客を促進します。

4つめの柱である「戦略的なプロモーション、CIQ等の受入環境整備」では、日本の観光の再始動をSNSなども活用しながら戦略的に発信し、CIQ(税関・出入国管理・検疫)体制のさらなる高度化などの受入環境整備を推進します。

関係省庁の施策も総動員、早期の目標達成目指す

政策パッケージは観光庁によるものだけでなく、国税庁の「酒蔵ツーリズムの推進」や内閣府の「迎賓館における特別企画の実施」、農水省の「農泊の推進」など、関係省庁の施策を総動員する内容となっています。

円安メリットも活かし、集中的な取組を進めることで「インバウンド消費5兆円超」の早期の目標達成を目指しています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる