11月1日からデジタル庁は、「Visit Japan Web(VJW)」をバージョンアップします。

「入国審査」と「税関申告」に加えて、新型コロナウイルスの陰性証明などを登録する「MySOS」を統合することで、「検疫(ファストトラック)」機能が追加されます。

デジタル庁、VJWをバージョンアップ

Visit Japan Web(以下、VJW)とは、海外からの入国者(海外から帰国する日本人も含む)が、事前に検疫・入国審査・税関申告の入国手続きをおこなえるウェブサービスのことです。

電子化された検査証明書のアップロード、入国時や入国審査で必要な情報、税関申告情報、登録された陰性証明書などの入力が可能で、それぞれ情報提供のための二次元コードを表示することが出来ます。

利用可能空港は、成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港、新千歳空港、那覇空港となります。

11月1日から「MySOS」が統合されるにあたり、11月13日までに入国する場合には10月中の登録はMySOSの利用が可能です。

11月からはVJWを利用する必要があります。

また、11月14日以降に入国する場合はMySOSでは登録はできず、11月1日以降にVJWを利用することになります。

なお、デジタル庁では、11月1日直後はVJWの審査の混雑が予想されることから、11月5日までの入国者については、余裕をもって審査結果を受け取るために10月中のMySOSからの登録完了を推奨しています。

<参照>

Visit Japan Web:公式サイト

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる