毎月小売業界の動向をまとめている「小売業界動向まとめ」2022年9月版です。

今月はローソンがアバター接客を導入したり、サツドラが商品が動いて話しかけるロボットを導入したりと、新たな試みが多く発表されました。

また、商業動態統計速報(8月)により、小売業界がゆるやかに回復していることが示されました。

この記事では「小売業界まとめ 2022年9月」の資料の一部を紹介します。全編は以下のダウンロードリンクから見ることができます。ぜひご覧ください!

ローソン、アバター接客導入

小売業界ゆるやかに回復 / ローソンにアバター接客登場【小売業界まとめ 2022年9月】
(画像=『口コミラボ』より 引用)

ローソンは9月22日、11月末から店舗に設置したモニターに表示したアバターを使った接客を始めると発表しました。

専用オペレーターが自宅などから遠隔操作し、セルフレジや商品の説明などリモート接客を行う想定です。 アバター事業を手掛けるAVITA社のサービス「AVACOM」を導入することで、アバターとオペレーターの動きを連動することが可能になり、音声だけでなく身ぶりや表情を通じて接客を行うことができます。

まず11月末に都内にオープン予定の未来型店舗「グリーンローソン」で実験し、2025年度を目処に全国200〜500店規模に拡大する計画です。 店舗のサービス拡充やセルフレジと組み合わせた省人化、複数店舗での勤務など多様な働き方の実現、アバターを通じた従来のコンビニにはないサービスの提供の実現につなげたい考えを示しています。

サツドラ、商品が動いて話しかけるロボットの実証実験

小売業界ゆるやかに回復 / ローソンにアバター接客登場【小売業界まとめ 2022年9月】
(画像=『口コミラボ』より 引用)

サイバーエージェントは9月21日、商品が自ら動いて販促活動を行う「自己推薦ロボット」の販売促進に関する実証実験を開始しました。

本実験は、商品自身が動いて顧客に話しかけることで、商品の販売促進効果や人々の興味関心度合いを検証するものです。

対象商品は「マルちゃん やきそば弁当」「Diane ビートゥルー ボディソープ」「Diane ビートゥルー ボディミルク」の3つで、従来のPOPやサイネージと異なり、商品自身が動いて話しかけるため、説明を聞いてもらいやすい、手に取られやすいなどの販促効果が期待されます。

サイバーエージェントは、今後店舗内販促の新しい手法として、自己推薦ロボットの商用化を目指すとしています。