毎月SNSの最新機能、ニュースなどをまとめている「SNSニュースまとめ」2022年9月版です。

今月は、Facebook・WhatsUpに有料サービスが追加される見込みであるといったニュースやマスク氏とTwitter社が買収に向けて再び動き出すなど、さまざまな動きがありました。さらにTwitterでツイートを後から編集する機能など、新たな機能のテスト情報も多く発表されました。

この記事では「SNSまとめ 2022年9月」の資料の一部を紹介します。全編は以下のダウンロードリンクから見ることができますので、ぜひご覧ください。

目次
Facebook・WhatsAppに有料サービス追加へ、専門の新チーム立ち上げか
ロシア・中国のプロパガンダを排除、Facebook・Instagramで

Facebook・WhatsAppに有料サービス追加へ、専門の新チーム立ち上げか

ツイートの編集機能実装へ / Facebookに有料サービス導入か【SNSまとめ 2022年9月】
(画像=『口コミラボ』より引用)

米技術系ニュースサイトのバージは8月30日、Metaの社内メモの内容から、同社が傘下のFacebookやInstagram、WhatsAppに有料サービスを追加する可能性に向け、社内に新チームを立ち上げようとしていることを報じました。

バージによると、すでにチーム名も決まっており、Metaの元リサーチ担当幹部が率いることになるとしています。

バージの取材に対し、Metaの広告・ビジネス製品担当幹部は、広告をなくしてユーザーに有料にする具体的な予定は現段階ではないとし、同社は広告事業の拡大に取り組んでいると回答し、検討されている有料サービスについて詳しい言及はしなかったとしています。

Metaが2022年7月に発表した決算では、景気後退への懸念やライバルとの競争圧力が広告売り上げの足を引っ張り、四半期で初の減収で、今回のチームアップは新たな収益源確保への動きとみられます。

<参照>
The Verge:Meta is planning more paid features for Facebook and Instagram
REUTERS:メタ、フェイスブックなどに有料サービス追加を検討=米業界サイト

ロシア・中国のプロパガンダを排除、Facebook・Instagramで

ツイートの編集機能実装へ / Facebookに有料サービス導入か【SNSまとめ 2022年9月】
(画像=『口コミラボ』より引用)

Metaは9月27日、中国とロシアが組織的に行っていたプロパガンダを広めるネットワークを停止させたと発表しました。

中国による作戦は、アメリカ、チェコ、そして世界の中国語圏、フランス語圏の人々をターゲットとしたものです。これらの国・ターゲットに対して中国は、通常のユーザーが起きておらず中国国内の勤務時間帯に少しずつコンテンツを投稿していたとしています。

ロシアによる作戦は2022年5月に始まったもので、ドイツ、フランス、イタリア、ウクライナ、英国などに対して、有名報道機関になりすまし、ウクライナやその難民、ロシアによる経済制裁を非難するための記事を多数投稿するアカウントだったといいます。

Metaは発表文で、ロシアのネットワークは、ウクライナでの戦争が始まって以来「最大かつ最も複雑なもの」だったとしています。

<参照>

Meta:Meta Shuts Down Influence Operations Started in China, Russia