17日、韓国政府が日本などからのビザなしでの短期滞在を認める措置を11月から全面的に再開する方向で調整していることがわかりました。

韓国政府は、コロナ禍で停滞した観光業を活性化させるために日本など外国からの観光客に期待を寄せています。

目次
韓国政府、日本人のビザ免除措置を再開予定

韓国政府、日本人のビザ免除措置を再開予定

ソウル聯合ニュースによると、17日、韓国政府が日本などからの査証(ビザ)なしでの短期滞在を認める措置を11月から全面的に再開する方向で調整していることがわかりました。

韓国当局関係者は聯合ニュースの取材に対し、「日本が今月に新型コロナの水際対策を緩和し、韓国などからのビザなし入国を再開した。相互主義の原則から日本からのビザなし入国を全面再開する方向で調整している」と話しました。

韓国は、2020年3月に日本が新型コロナウイルス感染拡大で入国制限措置を取ったことを受け、日本からのビザなし入国を停止しました。

その後、観光客誘致のため日本・台湾・マカオからのビザなし入国を8月限定で実施し、10月31日まで延長しました。

11月以降については、ビザなしになるかどうかは明らかになっていません。

正式にビザ免除措置が全面再開となれば、韓国への旅行が本格的に活性化するとみられています。

実際に、日本・台湾・マカオ対象のビザ免除により8月に韓国を訪問した外国人は31万945人で、前年同月比3.2倍に増加しました。

また、日本人観光客は2万6482人と11.7倍に急増しています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる