モロッコ・メルズーガにあるサハラ砂漠は、広大な自然を満喫できることから観光客に人気のスポットです。
辺り一面の砂漠に圧倒されるはず。

ラクダに乗って砂漠を歩く、サンセットやサンライズ、満点の星空を眺める、食事を楽しむなど、様々な楽しみ方があります。

そんなサハラ砂漠を存分に楽しむには、いくつか注意点があります。
事前にサハラ砂漠の見どころを抑えておけば、きっと何倍も楽しめることでしょう。

本記事では、サハラ砂漠の楽しみ方だけでなく、留意点や周辺の観光スポットまで詳しくご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。

お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。

【目次】サハラ砂漠を満喫しよう!モロッコ・メルズーガにあるサハラ砂漠の楽しみ方や見どころを解説

サハラ砂漠とは

サハラ砂漠を満喫しよう!モロッコ・メルズーガにあるサハラ砂漠の楽しみ方や見どころを解説
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

サハラ砂漠は、アフリカ大陸北部に位置する世界最大の砂漠です。

南北1,700kmに渡り、その面積はなんとアメリカ合衆国とほぼ同じぐらいの1000k㎡。

この大きさは、アフリカ大陸の1/3を占めているというのだから驚きですね。

とても大きなサハラ砂漠は、モロッコ以外にも北アフリカ11ヶ国にまたがっていて、各拠点の街からアクセスすることができます。

昔から先住民により開拓されていますが、南北を縦断する交通は3本程に絞られています。

道路があるところとないところがあり、今でも犠牲者が出ているほど険しい砂漠です。

東西横断に関してはまだ成功者はおらず、サハラ砂漠がいかに過酷な環境かということが伺えますね。

そんなサハラ砂漠の特徴は、 実は砂だけの部分は全体の2割程度しかないということ。

その他の部分はゴツゴツした岩のようなところが大半を占めています。

中には巨大なオアシスもあり、場所によって違った顔を見せるのも特徴の一つです。

最近では人口増加や気候変動の影響を受けて砂漠化が進んでおり、毎年6万km²のスピードで面積が増加しているという深刻な問題を抱えています。

サハラ砂漠の観光情報

住所 :Merzouga, モロッコ

マップ: Googleマップ

アクセス :マラケシュから車で約13時間(ツアー参加の場合、1日以上かかる)

サハラ砂漠の気候

サハラ砂漠を満喫しよう!モロッコ・メルズーガにあるサハラ砂漠の楽しみ方や見どころを解説
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

サハラ砂漠の気候は、砂漠気候のため日中は平均気温30℃を超え、日差しも強いです。

そのため、特に日中は実際の気温以上の暑さを感じるかと思います。

日中は半袖短パンでも問題ないですが、日差しが強いので日焼け止めなど対策を忘れずに。

一方で、朝晩はがくんと気温が落ちて、夜は5℃くらいまで落ちることもあります。

日中との温度差が激しく夜は冷え込むため、長袖のカーディガンやジャケットなど何か羽織るものは必ず準備しておきましょう。

寒いのが苦手な人は、さらにセーターやホッカイロなども持っておくと安心です。

日中と朝晩で気温が大きく変わるため、油断すると体調を崩しやすくなります。

そうなってしまってはせっかくのサハラ砂漠観光も楽しめなくなってしまいもったないので、体調管理には気を付けてくださいね。