「キューバ共和国」という国名を聞いて、皆さんはどのようなイメージを抱くでしょうか。
キューバ危機・キューバ革命・社会主義国など、政治的なイメージが強い国だと思います。

しかし、キューバには中世ヨーロッパのような美しい街並み、透き通るように綺麗なカリブ海、独特で陽気なキューバ音楽に葉巻やラム酒など、実はとても観光スポットが多い国なんです。

本記事では、キューバに行く際の注意点や押さえておきたい基本情報、知られざるキューバのおすすめ観光スポットを厳選してご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。

お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。

目次
キューバってどんな国?
 ・ キューバ革命とは
キューバの文化

キューバってどんな国?

カリブ海の島国・キューバのおすすめ観光スポット10選!治安やベストな観光シーズンも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

キューバ共和国は、カリブ海の大アンティル諸島に位置し、キューバ本島と周辺の島嶼国からなる島国です。

地理的には北アメリカに分類され、アメリカのフロリダからは145kmしか離れいていないため、フロリダから肉眼で見ることができます。

国の面積は約11万平方キロメートルで、フィリピンのルソン島ほどの大きさしかありません。

元々は南アメリカから渡ってきたカリブ族やタノイ族などの先住民が暮らしていましたが、1492年にコロンブスによってキューバ島が発見され、スペイン人の支配が始まりました。

スペイン人の支配により、キューバでは砂糖産業や奴隷貿易が盛んに行われました。

キューバは地理的にスペインと中南米の中継地点に位置しているため著しい発展を遂げ、大学や要塞などが建設されました。

その後、独立戦争を経てスペインから独立するも、今度は独立戦争で味方だったアメリカの実質的な保護国となってしまいます。

アメリカは地理的にもキューバに近かったため、多くのアメリカ資本が進出し、鉄道会社や全土の電力網が整備されました。

キューバのほとんどの富はアメリカ政府やアメリカ企業に搾取されていたため、国民の不満は高く、その窮状を打開するためフィデル・カストロなどの青年が蜂起。

あの有名な「キューバ革命」へと繋がります。

キューバ革命とは

カリブ海の島国・キューバのおすすめ観光スポット10選!治安やベストな観光シーズンも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

キューバを語る上で、切っても切り離せない出来事と言えばキューバ革命でしょう。

キューバ革命が今のキューバを作り上げたと言っても過言ではありません。

アメリカの傀儡政権となったバティスタ政権を打倒するため、フィデル・カストロを中心とした青年反バティスタ政権グループが蜂起しますが、失敗します。

カストロは投獄されますが、2年後に形式のみの信任選挙で再選を果たしたバティスタは、大統領就任に伴いカストロら政治犯に恩赦を与えます。

その後、カストロはメキシコへ亡命し、アルゼンチン人医師であるチェ・ゲバラに出会います。

カストロたちはゲリラ戦の訓練を受け、メキシコからヨット「グランマ号」でキューバに上陸します。

しかし、カストロがキューバに戻ることはバティスタ軍に察知されていました。

そしてカストロ達は大打撃を受け、82人のうち70人がその場で殺される、もしくは捕らえられてしまったのです。

その後、残った12人はマエストラ山脈を拠点とし、ゲリラ活動を続けます。

2年間に渡りゲリラ活動を続けたカストロ達は、1958年についにバティスタを追い出しハバナを制圧。

こうして12人から始まったゲリラ活動が、政府軍に勝利するというキューバ革命は成功に終わります。

革命後のカストロ首相は、アメリカと友好関係を保つ意向を示しましたが、キューバの資源を搾取し続けたアメリカとの関係は悪化の一途を辿ります。

キューバ政府がアメリカ合衆国の政府や企業、国民が所有するキューバ国内の資産の国有化を開始すると、アメリカとの対立は決定的なものになります。

アメリカはキューバ最大の産業である砂糖の輸入を禁止し、1961年にキューバと国交断絶。

さらにアイゼンハワー大統領は亡命キューバ人を訓練し、キューバ政府を軍事力で打倒しようとしたため、キューバ政府は大国であるソ連の支援を求め、社会主義を宣言。

こうしてキューバは社会主義国となったのです。

キューバの文化

カリブ海の島国・キューバのおすすめ観光スポット10選!治安やベストな観光シーズンも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

キューバの人種構成は、先住民であったインディオはスペインによって絶滅させられてしまったため、ヨーロッパ系白人が約50%、白人と黒人の混血であるムラートが約40%、黒人が約10%、中国やレバノンなどのアジア人種1〜2%と推定されています。

人種構成からもわかる通り、キューバ国民のほとんどはスペインかアフリカからの移民となっています。

そのため、文化面はスペインやアフリカの影響を多く受け、スペインとアフリカが融合した独特な文化を形成しています。

特に有名なのが音楽です。

ラテン音楽の中心地であるキューバでは、スペインのギターとアフリカの太鼓を融合させた、ルンバやソンなどの音楽が生まれています。

毎年8月にはキューバ各地でカーニバルが開催され、特に首都ハバナでのカーニバルは規模が大きく、華やかなカロッサ(山車)と踊りの祭典を楽しむことができます。