台湾政府は9月22日、コロナ禍で停止していた観光目的の外国人渡航者の受け入れを9月29日から再開すると発表しました。

日本人観光客はコロナ禍以前と同様に、ビザなしでの入境が可能となります。

29日の記者会見では、新型コロナウイルスの水際対策を10月13日からさらに緩和し、入境後の隔離を廃止すると発表しました。

目次

  1. 第1段階の緩和開始、9月29日から
  2. 入境後隔離を廃止・団体観光客の受け入れ再開へ

第1段階の緩和開始、9月29日から

台湾政府は22日、29日から第1段階の緩和を行い、早ければ10月13日にも第2段階の緩和を実施すると発表しました。

第1段階の緩和では、入境者数の上限が6万人に引き上げられました。

その他にも、空港で入境者を対象に実施していたPCR検査の唾液採取が廃止され、家庭用抗原検査キット4個の配布に切り替わりました。

29日の記者会見では、新型コロナウイルスの水際対策を10月13日からさらに緩和し、入境後の外出禁止期間を廃止すると発表しました。

団体観光客の受け入れも同日から再開されます。

入境後隔離を廃止・団体観光客の受け入れ再開へ

10月13日から始まる第2段階の緩和では、入境者に対する3日間の在宅検疫(隔離検疫)が撤廃されます。

また、1週間当たりの入境者数の上限を6万人から15万人に引き上げ、団体旅行客の送客と受け入れを禁止する措置を廃止します。

この他にも、ビザ免除措置を実施していない国・地域に対しては、一般的な社会訪問および観光目的でのビザ申請を再開します。

一方、外出時には無症状かつ2日以内に家庭用検査キットで陰性が確認されていることが求められるなど行動が一部制限されます。

入境後の隔離撤廃についても、1人1室の条件を満たす自宅、親族・友人宅、ホテルに滞在することを原則とする7日間の「自主防疫期間」を設けると説明しています。

台湾は段階的に規制緩和を行なっており、政府がこの先発表する情報に注目が集まります。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる