アメリカ・ノースカロライナ州で、公立中学校に通う13歳の男子中学生がいじめを苦に自らの命を絶ち、波紋を広げている。成績も人物も申し分なく、同級生たちは異口同音に「あまりにも悔しい」と涙を流している模様だ。

地元メディアの『CBS17 News』『WRAL NEWS』などが伝え、全米に広がりを見せている。

■夏休み明けの登校初日に…

ノースカロライナ州ウェイク郡の公立ウェンデル中学(Wendell Middle School)で6日、オースティン・ペンダーグラスくんという男子生徒がトイレの個室で自らの命を絶ち、同級生2名により変わり果てた姿で発見された。

オースティンくんは夏休みを楽しそうに過ごしていたが、学校の再開が近づくと表情を曇らせるように。6日は進級した登校初日だった。