24年ぶりの歴史的な円安が追い風となり、越境ECが伸長しています。

BEENOS株式会社が実施したアンケートからは、訪日時のショッピングでのEC活用意向や、訪日後の越境ECでのリピート買いの意向の高さから、今後のさらなる越境ECでの流通伸長が期待されます。

目次
BEENOS、越境EC利用に関するアンケート調査を実施
 ・日本の越境利用頻度「月に1回以上」が56%
 ・「円安後に利用が増えた」6割以上
 ・購入商品は「おもちゃ・ゲーム・アニメグッズ」がトップ
 ・「訪日時のショッピングでECも活用したい」 56%以上
 ・「訪日後のリピート買いで越境ECを利用したい」92%以上

BEENOS、越境EC利用に関するアンケート調査を実施

BEENOS株式会社は、自社グループ運営のサービス「Buyee」、「Buyee Connect」を利用するアメリカと台湾、マレーシア、イギリス在住の顧客約1,900人を対象に「越境ECの利用意向に関するアンケート」を実施しました。

8月26日に発表されたアンケート結果からは、円安の影響で加速する日本の越境EC市場の拡大がうかがえます。

日本の越境利用頻度「月に1回以上」が56%

「訪日後のリピート買いで越境EC利用したい」9割超 円安で越境EC急増
(画像=▲越境ECの利用頻度:BEENOS、『訪日ラボ』より引用)

まず日本の越境ECの利用頻度について、全体の56%以上が「月に1回以上」と回答しました。

「月に5回以上」も18%以上にのぼり、特にマレーシアは25%と高くなりました。

「円安後に利用が増えた」6割以上

「訪日後のリピート買いで越境EC利用したい」9割超 円安で越境EC急増
(画像=▲越境EC利用状況の変化:BEENOS、『訪日ラボ』より引用)

円安による、日本の越境ECでの購入頻度や1回あたりの使用金額の変化については、「利用金額と利用頻度のどちらか、あるいは両方が増えた」との回答が63%以上にのぼりました。

特に台湾が73%と最も多くなっています。

購入商品は「おもちゃ・ゲーム・アニメグッズ」がトップ

「訪日後のリピート買いで越境EC利用したい」9割超 円安で越境EC急増
(画像=▲越境ECでの購入商品:BEENOS、『訪日ラボ』より引用)

日本の越境ECで購入する商品は、「おもちゃ・ゲーム・アニメグッズ」が各エリアでトップとなり、特にアメリカでは54.9%にのぼりました。

さらにアメリカとイギリスでは「本・CD・DVD・エンタメ」が2位となっており、ジャパニーズコンテンツの強さがうかがえます。

またアジア圏での2位は、台湾が「「ファッション」、マレーシアは「リユース品」となっており、体格や生活様式において日本との親和性が現れています。

「訪日時のショッピングでECも活用したい」 56%以上

「訪日後のリピート買いで越境EC利用したい」9割超 円安で越境EC急増
(画像=▲訪日時のEC利用意向:BEENOS、『訪日ラボ』より引用)

6月にはインバウンドが条件付きで再開されましたが、訪日時に店頭での購入だけでなくECも活用したいかという質問に対し、全体の56%以上が「ECも活用したい」と回答しました。

「訪日後のリピート買いで越境ECを利用したい」92%以上

「訪日後のリピート買いで越境EC利用したい」9割超 円安で越境EC急増
(画像=▲越境ECでのリピート買い意向:BEENOS、『訪日ラボ』より引用)

訪日後に、越境ECでリピート買いをしたいかという質問に対しては、全体の92%以上が「リピート買いしたい」と回答しました。

DX化に伴い、これまでインバウンドで購入していた商品の多くが、オンライン上で購入して自宅で受け取ることができるようになっており、越境ECの利便性の高さが評価されていることがうかがえます。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる