インターネット上で宿泊予約などができるオンライン旅行サービスの需要が高まっています。

世界のOTA(オンライン・トラベル・エージェント)市場は、2031年に1兆8,356億ドルに達すると推定されています。

目次
2031年に1.8兆ドルへ、高まるOTA需要
市場別では北米が最大

2031年に1.8兆ドルへ、高まるOTA需要

グローバル市場調査会社のAllied Market Research社によれば、2020年に3,542億ドルと評価されている世界のオンライン旅行市場は、2031年までに1兆8,356億ドルに達すると推定されています。

2022年から2031年にかけ14.8%のCAGR(年平均成長率)を記録しています。

世界的に中流階級の人口は急速に増加しており、より便利で時間とリソースを節約できるオンライン旅行サービスの需要が高まっています。

生活水準の向上と購買力の向上に伴い、旅行手段が多様化するなか、インターネット普及率の増加や新興国の人々の可処分所得の増加、複数の旅行オプションをオンライン上で比較できる便利さが需要を後押ししています。

オンライン旅行市場で事業を展開するOTA(オンライン・トラベル・エージェント)は、市場シェアを拡大し収益性を高め、市場での競争力を維持するために商品開発と事業拡大に取り組んでいます。

Allied Market Research社のレポートでは以下の主要企業が紹介されています。

  • Expedia Group, Inc.
  • Ebury Partners UK Ltd.
  • Fareportal Inc.
  • Hostelworld.com Limited
  • Hurb Co S/A
  • HRS
  • Make MyTrip Ltd.
  • Oracle Corporation
  • Priceline(Booking Holdings Inc.)
  • SABS Travel Technologies
  • Tavisca Solutions Pvt. Ltd.
  • Thomas Cook India Ltd.
  • travelomatix.com
  • Trip.com Group
  • Tripadvisor Inc.
  • WEX Inc.

市場別では北米が最大

オンライン旅行市場において、2020年では北米が最も顕著な市場であり、2031年までに932億ドルに達し、12.0%のCAGRで成長すると予測されています。

ノーマルな環境における清潔な場所でパーソナライズされたサービスを求める旅行者は多く、農場や農村で余暇を過ごすアグロツーリズムや、環境を意識したエコツーリズムへの需要の高まりも北米への旅行を後押ししています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる