メキシコで1992年から殺害されたジャーナリストは少なくとも138人は確認されている。

今月13日、ウクライナ紛争で米国のジャーナリストが銃撃を受けて死亡したことが明らかとなって世界の主要メディアがそれを報じた。世界の危険地域に赴いて情報集めをするのがジャーナリストの仕事のひとつだ。ところが、メキシコでは国全体でジャーナリストの仕事をすることは命懸けでやらねばならないということは日本などでは殆ど知られていない。

メキシコではジャーナリストはいつ殺害されても不思議ではない

ジャーナリストにとって最も危険な国の一つがメキシコだ。今年2月10日に6人目のジャーナリストが殺害された。

不正や汚職を暴くというジャーナリストの本来の使命を果たすのに命懸けでやらねばならないのが現在のメキシコだ。特にそれが政治家、軍人、警察らの不正と麻薬組織との癒着、麻薬組織同士の戦いなどといったことを調査解明する役目を担うことになると殺害されるのを覚悟して報道の任に当たらねばならないことになる。

また殺害されても犯人を捜し出して法廷にかけるということがメキシコでは90%の確率でできない。法廷で裁くための証拠が揃わないという問題を抱えているからだ。また仮に公判となっても容疑者が有罪になる確率は僅か5%で、殆ど証拠不十分ということで無罪になるのが常なることだ。不処罰の確率が非常に高いということで尚更殺害が容易に行われる傾向にある。

メキシコでは150以上の麻薬組織やその下請け的な犯罪グループが存在している。彼らを雇って対象となっている人物を殺害するのは容易だ。

昨年は7人のジャーナリストが殺害されたが、今年に入って既に6人のジャーナリストが 殺害されている。特に、人口190万人の米国と国境を接するティフアナ市はメキシコで最も殺害率の高い都市のひとつだ。

ジャーナリストを守る組織は十分に機能していない

参考までに挙げると、ジャーナリスト保護委員会(CPJ)は1992年から昨年末までに138人のジャーナリストが殺害されていると指摘し、表現の自由を守る会(Artículo19)によると2000年から現在まで145人のジャーナリストが殺害されているとしている。(1月26日付「エル・パイス」から引用)。

メキシコでは検察と人権尊重委員会などで構成されたジャーナリストや人権保護活動家を守る公的組織が2012年から誕生している。そこでは1300人余りが保護を受けているという。同様に組織犯罪による被害者を支援する委員会(CEAV)も誕生している。ところがこの対象になる被害者はジャーナリストだけではなく、麻薬組織などによる被害者を対象にしている為に保護すべき人の数が多く、結局資金難に陥って殺害されたジャーナリストの家族への資金的な支援も出来なくなっている。だから、家族は埋葬する費用も募金を募らねばならないというのが現状だ。

このような事情から、これら保護組織に支給されている予算ではジャーナリストや人権活動家を十分に保護できないのが現状だ。だから、加盟者であるジャーナリストや人権活動家が自ら注意して生活する以外にないということになる。

だから脅迫されたジャーナリストの心理を表明している例としてジャーナリストのひとりペドロ・カンチェ氏が次のように語っている。「我々を絶滅させようとしている。ジャーナリストになるということは歩く死人になることだ。我々は死の宣告を受けている。しかし、犯罪によって死ぬのではない。我々の務めである仕事をしたことによって死ぬのだ」と語っていたことが2017年5月付の「シネンバルゴ」で掲載されている。

同様に麻薬について権威的な存在だったジャーナリストのハビエル・バルデス氏は彼の同僚だったミロスラバ・ブリーチが殺害された時に、その翌日ツイッターで、「ミロスラバは詳しく報道するので暗殺された。地獄のことを報道するというのが罪で死の判決が下されるのであれば、我々全員を殺害したらどうだ。沈黙することなど御免だ」と綴ったのが同じく同電子紙の2017年5月16日付で掲載された。その彼もその後殺害された。