生活の中で起こる事故は時に複数の人の命を奪う大惨事になる。特に、火を使うキッチンでは、ささいなきっかけでガス爆発や大火災が起きやすい。

この記事では、2019年に台湾で報じられたキッチンから出火し大火災となったニュースをご紹介。それをもとに、ガス爆発や火災を誘発する絶対NG行為、それを防ぐために行うべきことについてお伝えしたい。

台湾でガス爆発による大火事発生!8ヵ月の赤ちゃんを含む3人が死亡

2019年年3月9日午後5時半ごろ、台湾・宜蘭県の2階建て住宅でガス爆発を伴う大火事が発生、その住宅に住む家族3人が焼死した。その影響は近隣住宅にもおよび、近隣住宅の窓ガラスが何枚も割れる事態となった。

亡くなったのは徐さん(当時36歳)、妻の陳さん(当時32歳)夫妻とその息子(当時8ヵ月)の3人。1階キッチンから出火後、一瞬のうちに2階まで延焼したため、3人は逃げる間もなく焼死したものと思われる。

ガス爆発の原因は吹きこぼれによるガス漏れ

台湾メディアによれば、その後の調査の結果、火事の原因は「吹きこぼれによるガス爆発」と判明した。

火災発生の直前、調理中に鍋から吹きこぼれた水がガスコンロのバーナーキャップ(火が出る部分)にかかって火が消え、そこから大量のガスが漏れて家中にガスの臭いが充満した。

ガス漏れに気づいた夫妻がキッチンの様子を見るために電灯のスイッチをオンにした結果、引火によるガス爆発と火災が発生して家族3人が焼死したと推測される。

ガス漏れによる大惨事を防ぐためにやるべきこと

台湾で起きたガス漏れによる大惨事。こうした事故を防ぐためにも、ガス漏れに気づいたらガス爆発を誘発する以下の行為は絶対に避けたい。

・火が発生するものを使用する(ライター、マッチなど)
・電化製品のスイッチに触れる

一方、ガス漏れに気づいたら即行うべき対処は以下の通り。

・窓やドアを大きく開けて換気を行う
・ガス栓やメーターガス栓を閉める

以上の対処を行ったらすぐガス会社に連絡しよう。その際には以下のことを伝えることが望ましい。

・住所氏名
・住所付近の目標物(建物・看板など)
・その場の状況

また、事故の回避にはガス漏れ警報器や火災報知器の設置も必要だ。それによってガス爆発などの大惨事を回避できる可能性が高くなるだろう。

文・大岩楓

【関連記事】
サラリーマンができる9つの節税対策 医療費控除、住宅ローン控除、扶養控除……
退職金の相場は?会社員は平均いくらもらえるのか
後悔必至...株価「爆上げ」銘柄3選コロナが追い風で15倍に...!?
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング|手数料やツールを徹底比較
1万円以下で買える!米国株(アメリカ株)おすすめの高配当利回りランキングTOP10!