「本格的なフレンチを食べたい!」と思っても、なかなか敷居が高いと思う方も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが「俺のフレンチ」です。

「俺のフレンチ」とは、圧倒的なコストパフォーマンスを誇るフレンチレストランのこと。
トリュフ、キャビア、フォアグラなどの高級食材をふんだんに使用した贅沢なディナーを堪能することができます。
本格的な料理をカジュアルに楽しめるので、記念日や誕生日にもおすすめです。

今回は「俺のフレンチ 東京店」を訪問し、その魅力を徹底的に紹介していきます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。

お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。

目次
俺のフレンチはどんなお店?
「俺のフレンチ 東京店」へのアクセス

俺のフレンチはどんなお店?

【徹底取材】「俺のフレンチ 東京店」の魅力を紹介!圧倒的なコストパフォーマンスが話題
(画像=『はらへり』より引用)

「俺のフレンチ」は、俺の株式会社が運営するフレンチレストランです。

俺の株式会社の魅力は、高級店の3分の1ほどの価格で提供するという圧倒的なコストパフォーマンスにあります。

普段は食べられないような高級食材を手頃な価格で堪能できるのが魅力です。

まるで高級店で提供されるような本格的な料理が、なぜ3分の1の価格で提供できるのか気になりますよね。

その秘密は仕入れの仕方にあります。

俺の株式会社は、「俺のフレンチ」の他に「俺のイタリアン」、「俺の割烹」、「俺のやきとり」など多くの系列店を経営しています。

仕入れをグループの店舗全体で行うことで高級食材も安く提供できるそうです。

2012年の設立以来店舗数も増え、2022年8月には「俺の天ぷらバル」という新形態の店舗をオープン。

今最も話題となっていると言っても過言ではない「俺の株式会社」系列から、今回は「俺のフレンチ」をピックアップしてご紹介します。

【徹底取材】「俺のフレンチ 東京店」の魅力を紹介!圧倒的なコストパフォーマンスが話題
(画像=『はらへり』より引用)

「俺のフレンチ」では、トリュフ、フォアグラ、キャビアなどの最高級食材を贅沢に使用した料理を楽しめます。

そのこだわりは素材だけではありません。

「俺のフレンチ」にはミシュランの星つき店で活躍したシェフや、サービスの世界コンクールで入賞を果たしたソムリエが在籍しています。

そのため、料理の味はもちろん、サービスも含めて高級店に劣ることのないクオリティーです。

さらに、グランメゾン大手町店、東京店、博多店、横浜店、青山店では、一流のミュージシャンによる生演奏が楽しめます。

現在では、東京、歌舞伎町、横浜など首都圏を中心に、心斎橋や博多にも店舗を拡大しています。

今回はそんな話題沸騰中の「俺のフレンチ 東京店」を取材しました。

料理の味や店内の雰囲気のほか、ドレスコードやテーブルマナーは必要かなど気になる点を徹底的にご紹介します。

「俺のフレンチ 東京店」へのアクセス

【徹底取材】「俺のフレンチ 東京店」の魅力を紹介!圧倒的なコストパフォーマンスが話題
(画像=『はらへり』より引用)

「俺のフレンチ 東京店」の最寄り駅は、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」です。

【徹底取材】「俺のフレンチ 東京店」の魅力を紹介!圧倒的なコストパフォーマンスが話題
(画像=『はらへり』より引用)

銀座一丁目駅の9番出口を出たら、正面の道を真っ直ぐ進みます。

【徹底取材】「俺のフレンチ 東京店」の魅力を紹介!圧倒的なコストパフォーマンスが話題
(画像=『はらへり』より引用)

2分ほど進むと、俺のフレンチが入っている「KIRARITO GINZA」が見えてきます。

【徹底取材】「俺のフレンチ 東京店」の魅力を紹介!圧倒的なコストパフォーマンスが話題
(画像=『はらへり』より引用)

「KIRARITO GINZA」の地下一階に「俺のフレンチ 東京店」があります。