韓国政府は、日本からの観光目的の入国者に対するビザ免除を10月末まで延長すると発表しました。

9月3日からは、入国者全員に義務づけている入国前の新型コロナウイルス検査を撤廃します。

目次

  1. 韓国で受けるPCR検査は引き続き義務
    1. 旅行業界が求める新型コロナ検査の撤廃

韓国で受けるPCR検査は引き続き義務

韓国政府は、8月の1か月間限定で、日本や台湾などからの観光客を対象にビザなしでの渡航を認めていました。

しかし今回、日本からの観光目的の入国者に対するビザ免除を10月末まで延長すると発表しました。

9月3日からは、入国者全員に義務づけている入国前検査を撤廃します。

入国後24時間以内に韓国で受けるPCR検査については、引き続き義務づける方針です。

日本からの観光客は出発前にインターネットで電子旅行許可を申請し、許可を受ければビザなしで入国できます。

韓国政府は、通常なら審査に72時間程度かかると説明しています。

旅行業界が求める新型コロナ検査の撤廃

韓国は、新型コロナの感染拡大を受け2020年に日本の観光客に対するビザ免除を停止していました。

8月からは、2年半ぶりにビザなし観光の受け入れを再開しました。

既に100カ国以上を対象に期間を区切らずビザなし観光を再開しているのが現状です。

日本が韓国からの観光客にビザ取得を求めているため、日本からのビザなし観光は期間限定の特例としています。

入国後の検査を続けることについて韓国政府は、「感染者の早期発見と変異ウイルスの監視のため」と説明しています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる