目次
ABOUT ハイテック
ライダー人気が高いのはイーストエンドシリーズ

長引くコロナ禍や戦争などの影響で物価が上がり続けています。インフレ手当なる手当を出してくれる会社も増えているのだとか。筆者のようなフリーランスには縁のない話で、インボイス制度で更に苦しくなるかもしれません。

バイク業界で働いているので、できるだけバイク用品メーカーの製品を買って還元しようとしていますが、どこまで続けられるかわかりません。物価が上昇して給料が上がらないとなると、気になるのがコスパに優れた製品です。

筆者はアンバサダーなので、ワークマンの製品は常にチェックしていますが、かつての同僚が使っていたコスパ抜群の防水透湿ブーツを思い出しました。

それが今回紹介するハイテックというブランドの製品です。

ABOUT ハイテック

バイク用にハイコスパな防水透湿ライディングブーツをお探しなら「ハイテック」もおすすめ
(画像=ハイテックのロゴ、『Moto Megane』より引用)

ハイテックは1974年にイギリスで誕生したブランドです。1978年にリリースしたハイキングシューズ「シエラ」は当時としては革新的な軽さを備えた製品でした。

それ以降FBIから依頼されたユニフォームシューズをはじめ、テニス、ゴルフ、サッカーなど他分野のシューズを開発、一流の選手に使われてきました。

ただ日本で扱っているのはアウトドア関連シューズ中心のようです。

日本では1873年から座敷足袋の生産から始まり143年間靴の販売を行っているムーンスター社が販売元となっています。

ライダー人気が高いのはイーストエンドシリーズ

バイク用にハイコスパな防水透湿ライディングブーツをお探しなら「ハイテック」もおすすめ
(画像=イースエンドミッドは甲部分に合皮を採用している、『Moto Megane』より引用)

ムーンスターの広報担当によればSNSなどでライダーが使っているのを見かけるのがイーストエンドシリーズとのこと。実際に製品をホームページでチェックしてみると、ショートとミッドタイプがあり、どちらも防水透湿性を備えたハイキングスニーカー。

ただショートタイプの方は甲部分にメッシュを採用しているので、ギアチェンジで傷むのが早く、足に痛みを感じる可能性があります。

それに対してミッドタイプは甲部分に合皮を採用しています。万が一のことを考えてもこちらの方が良さそうです。