夏の風物詩といえば花火だ。夜に色鮮やかな火花を散らしてとてもきれいだが、危険とも隣り合わせであることを忘れてはならない。世界を見渡すと、花火による衝撃的な事件もあるのだ。そこで今回は、実際にスペインで起こった花火による事件を紹介する。さらに、安全に見える手持ち花火でどのような危険があるのかも確認しておこう。

ロケット花火が口の中に!どんな事件?

この事件は、2019年7月にスペインのある町で起こった。その日は町の祭りが開催され、その一環で宗教行列も行われていた。被害者の女性は、地元の人や観光客と一緒に宗教行列に参加しており、一行は列になって出発したのである。

すると突然、行列にめがけてロケット花火が飛んできた。そして、ロケット花火が被害女性の口の中に入り、爆発したのである。被害女性は即死とされ、救急隊がすぐに駆けつけたものの何もできなかったそうだ。