インバウンド対策を行なう上で大切なことの一つは、訪日外国人の方々が旅行しやすい環境を整えることです。

近年、私たちの生活においてスマートフォンやパソコン、タブレットなどのデジタル機器は生活の必需品となりました。訪日外国人の方々も同様で、スマホを使って地図を見たり、支払いをしたりとあらゆる場面で活用しています。

一方、日本は諸外国と比較すると無料Wi-Fi(Free Wi-Fi)の環境整備が遅れているように思えます。顧客満足度を高めるためにも、日本のデジタル化、特にWi-Fi環境の整備は急務の課題となっています。

この記事では、インバウンド対策に必要な無料Wi-Fiについて詳しくご紹介します。

目次
日本のWi-Fi環境は不十分?
海外では無料Wi-Fiがあたりまえ
 ・顧客満足度を高め、集客に繋がる

日本のWi-Fi環境は不十分?

日本のWi-Fi環境は、諸外国と比較すると利用できるエリアが限られています。空港や鉄道には無料Wi-Fiスポットが多く設けられていますが、公園や道路、飲食店には少ない傾向にあります。

東京都では、東京オリンピックに向けて官民一体で無料Wi-Fiスポットを拡大してきたため、利便性が高まっています。また都内の主要公園や観光案内標識、デジタルサイネージ、公衆電話に無料Wi-Fiスポットを設ける取り組みを行っています。

一方、地方ではまだまだ無料Wi-Fiの設置が浸透していません。有名な観光地であっても、観光スポットの周辺エリアでは無料Wi-Fiが使えないケースも多々あります。

訪日ラボでは、47都道府県のJapan Free Wi-Fi設置状況をまとめています。「都道府県別でのインバウンド需要」から、各エリアのページを経由して、都道府県別の整備状況を確認することができます。

海外では無料Wi-Fiがあたりまえ

アメリカでは飲食店やショッピングモールはもちろんのこと、公共機関や交通機関でも無料Wi-Fiが利用可能です。ほとんどの無料Wi-Fiはメールアドレス登録が不要なため、誰でも簡単にアクセスできます。

州によってばらつきはありますが、ホテルや飲食店、商業施設では高確率で無料Wi-Fiが利用できるようです。また、台湾の台北では観光スポットや駅、公園、地下街などで利用できる無料Wi-Fiスポットが約9,000か所もあります。無料Wi-Fiスポットの数はアジアトップレベルを誇り、無料Wi-Fiの先進国とも言えるでしょう。

イギリスのロンドンでは、飲食店や商業施設だけでなく、道路や街頭でも無料Wi-Fiを利用できます。地図で行き先を調べたり、電車やバスの時刻を調べたりするのにも非常に便利です。多くの海外では、無料Wi-Fiを使える環境が当たり前となっています。

2017年に観光庁が行った調査によれば、訪日外国人が訪日旅行中に最も利用した通信手段は「無料Wi-Fi」が53.8%と、2位のモバイルWi-Fiルーター(33.8%) を大きく引き離してトップとなりました。

2018年では訪日外国人旅行者を対象に、「旅行中に困ったこと」を尋ねたところ、無料Wi-Fi環境について困った場面が挙げられ、主に観光地・公共交通機関での対策のニーズが高い結果となりました。

訪日外国人の方々の満足度を高めるためには、無料Wi-Fiスポットの拡大が急務だと言えるでしょう。

顧客満足度を高め、集客に繋がる

スマホやタブレットを持つことが当たり前になった現代では、インバウンド対策に無料Wi-Fiを導入することが重要なポイントとなります。

最近は訪日外国人の方々だけでなく、日本に住んでいる人でも「ゆったり過ごしたい」「気兼ねなくインターネットを使いたい」という理由で無料Wi-Fiが設置されているお店を選ぶ人が増えています。

快適なインターネット環境を提供することは、お店やホテルのサービスの一環として捉えています。さらにインターネットを自由に使える環境は、顧客満足度の向上にも繋がります。

最近はSNSで有益な情報を共有している人も多く、便利なものを見つければ口コミでどんどん広まっていきます。訪日外国人の方々も同様で、便利な施設やサービスをSNSにアップして情報発信をしているのです。

以下の表で示されているのは、2021年の全世界でのOTA(Online Travel Agent、インターネット上だけで取引を行う旅行会社)アプリダウンロード数トップ10です。

日本のWi-Fi環境は不十分?インバウンド対策に無料Wi-Fiを導入
(画像=▲apptopia:2021年に最もダウンロードされたOTAアプリトップ10、『訪日ラボ』より引用)

このうち、9位のOYO以外には予約サイトやアプリ内に口コミ機能・星評価機能があります。そのため、旅行者がOTAを通して宿泊施設やサービスを手配する際には、必ずと言っていいほど口コミ・星評価が目に入る状況といえます。

無料Wi-Fiが使えれば待ち時間にSNSに写真や情報を投稿することもできます。料理や魅力的な店内の写真がアップされれば、自然と店舗のアピールにつながります。

無料Wi-Fiが使えるお店やホテルは非常に有益な情報になります。リピーター獲得だけでなく、新規顧客獲得も期待できるでしょう。店側で英語ができなくても、訪日外国人の方々が生の声を発信してくれるのでいい口コミ効果を得られるでしょう。