外国人向け街歩きツアーの企画運営や株式マーケット、データから旅行市場を読み解く、インバウンドアナリストの宮本です。

国内は新型コロナウイルスが蔓延し、一日の新規感染者数は世界一となりました。そのような中、日本政府は厳しい水際対策を敷いており、外国人観光客が自由に日本を旅行することが許されておりません。

それを横目に日本・中国・台湾以外の国はアフターコロナに舵を切り、観光業はコロナ前の活況を取り戻し始めております。

さて、今回はアジアトップの観光立国タイと経済成長著しいベトナムのインバウンド状況を見ながら、日本のインバウンドがどう回復していくのかを考えてみたいと思います。

目次
タイは2022年中にインバウンド客数1,000万人を目論む
ベトナムは7月末時点で95万人のインバウンド客を集める

タイは2022年中にインバウンド客数1,000万人を目論む

まずはタイのインバウンド客数の推移をご覧ください。

日本のインバウンド需要はいつ・どの国から戻る?タイ、ベトナムの観光回復フェーズからわかること
(画像=▲タイのインバウンド客数:Office of the Permanent Secretary, Ministry of Tourism and Sports「International Tourist Arrivals to Thailand 」より筆者作成、『訪日ラボ』より引用)

タイのインバウンド客数は2014年のクーデターにより、インバウンド客数が2013年比-7%と落ち込んだものの、そこから3,000万人台の大台を突破し、2019年には3,991万人まで伸びました。

しかし、コロナ禍の2020年以降大きく落ち込み、2021年は42万人の入国しかありませんでした。しかし、2021年10月頃から段階的に観光客の受入れを再開し、2022は年6月末時点で284万人の観光客がタイを訪れました。

そして、タイ政府は7月1日以降、入国申請システムの「タイランドパス」を廃止し、医療保険への加入義務を不要として、入国規制をさらに緩和致しました。それにより、7月には300万人を大きく上回るまでに回復する見通しです。

またタイの観光・スポーツ省によれば、2022年全体では1,000万人までインバウンド客数が回復する見通しが発表されています。

ベトナムは7月末時点で95万人のインバウンド客を集める

次にベトナムのインバウンド客数の推移をご覧ください。

日本のインバウンド需要はいつ・どの国から戻る?タイ、ベトナムの観光回復フェーズからわかること
(画像=▲ベトナムのインバウンド客数:Vietnam National Administration of Tourism, General Statistics Office「International Visitors to Vietnam 」より筆者作成、『訪日ラボ』より引用)

ベトナムのインバウンド客数は2016年から1,000万人の大台を突破。そこから2桁成長を続け、2019年には1,800万人を突破しました。

コロナ禍で2021年には15万人まで落ち込んだものの、2022年3月より観光客の受入れを再開しました。以降、堅調に観光客が戻りはじめ、7月末時点で95万人まで回復しました。