目次
素材の約90%にアルミ合金を使用
とにかくリーズナブルなトップケース

素材の約90%にアルミ合金を使用

1998年創業のRIDEZ(ライズインターナショナル)は、「モーターサイクルライフをもっと楽しくてスタイリッシュに」をコンセプトに、さまざまな商品の企画や海外ブランド製品の輸入、海外バイクカルチャーの紹介やイベントの提案を実施してきた。そんなRIDEZが、2021年から展開するオリジナルのラゲッジブランドが「HARD WORX(ハードワークス)」だ。

ブランド名は、「ハードスペックなマテリアルを用いながら熱心に製作された“作品たち”」が由来。そのコンセプトに基づき、頑丈で質感にも優れるアルミ合金を採用したトップケースを中心に、最近はサイドパニアケースも展開する。トップケースは、容量のラインアップを拡充。当初は36L容量と45L容量の2タイプだったが、現在は55L容量と65L容量も選択できる。また、パニアケースは左右各38L容量。トップケース、パニアケースともに、全体の約90%にアルミ合金を使用している。

アルミ合金製バイク用パニアケースをリーズナブルに 機能性にも優れる【RIDEZ/HARD WORX】
(画像=36L容量(3万3000円)、『Moto Megane』より引用)
アルミ合金製バイク用パニアケースをリーズナブルに 機能性にも優れる【RIDEZ/HARD WORX】
(画像=45L容量(3万6300円)、『Moto Megane』より引用)
アルミ合金製バイク用パニアケースをリーズナブルに 機能性にも優れる【RIDEZ/HARD WORX】
(画像=55L容量(3万9600円)、『Moto Megane』より引用)
アルミ合金製バイク用パニアケースをリーズナブルに 機能性にも優れる【RIDEZ/HARD WORX】
(画像=65L容量(4万2900円)、『Moto Megane』より引用)
アルミ合金製バイク用パニアケースをリーズナブルに 機能性にも優れる【RIDEZ/HARD WORX】
(画像=パニアケース(7万5900円)、『Moto Megane』より引用)

とにかくリーズナブルなトップケース

HARD WORXのアルミトップケースは36/45/55/65L容量が用意されていて、価格は36L容量で3万3000円、最大の65L容量でも4万2900円となっている。製品の大部分にアルミ合金素材を使用したトップケースとしては、かなりリーズナブルな設定なのだが、さらに驚くべきことに、この価格でベースプレートが同梱されている。

製品は汎用タイプで、標準装備またはオプション装着された車体側のリヤキャリヤに、付属のベースプレートを装着してから、トップケースを搭載する。つまり、ベースプレートが安全に装着できれば、どんなバイクにも基本的にはケースを付けることができる。ベースプレートには、さまざまな取り付け方法に合うよう複数のボルト装着ホールが設けられていて、これらを駆使して4本のボルトで車体側と固定できれば適合ということになる。

アルミ合金製バイク用パニアケースをリーズナブルに 機能性にも優れる【RIDEZ/HARD WORX】
(画像=『Moto Megane』より引用)
アルミ合金製バイク用パニアケースをリーズナブルに 機能性にも優れる【RIDEZ/HARD WORX】
(画像=『Moto Megane』より引用)

ちなみに、今回紹介しているデモ車はスズキのVストローム250。こちらの車両は、スタンダードの状態から無加工・追加パーツなしでベースプレートが固定できる。ホンダのCT125ハンターカブやクロスカブ110、BMWのG310GS、KTMの1290スーパーアドベンチャーR/Sも同様。また、ホンダのPCXシリーズやADV150などはRIDEZでセット販売しているリヤキャリヤを用いて装着できる。KTMの890/790/390/250アドベンチャーシリーズは、純正アクセサリーのアルミトップケースキャリヤを装着した状態であればベースプレートが適合する。対応車種情報は、RIDEZのウェブサイトにも記載。気になる人は確認してほしいが、あくまでもこれらの車種はRIDEZですでに適合が確認されている車種であり、実際に装着できる車種はこれよりもかなり多くなる。

アルミ合金製バイク用パニアケースをリーズナブルに 機能性にも優れる【RIDEZ/HARD WORX】
(画像=『Moto Megane』より引用)