目次
道の概要
お薦めのシーズン

道の概要

群馬県と栃木県を結ぶ金精峠を越える国道120号が金精道路だ。東に日光、西に丸沼・菅沼を配する文化と自然に満ちあふれた魅力的な道路になっている。日光は、華厳の滝、中禅寺湖、竜頭の滝、戦場ヶ原、湯滝など回りきれないくらいのポイントがあり、整備された道路の中を走るツーリングは四季を通じて楽しい。

主要ポイントの前後では駐車場渋滞が発生することがあるが、それ以外の区間は基本的には空いており、大自然の中を快適に走行できる。ただし、紅葉時期の週末は日光宇都宮道路~いろは坂まで続く渋滞は、朝も夕も半端ではない。午前6時までには中禅寺湖に登りたいし、午後の帰りは早目か沼田方面に抜けるルートも想定しておきたい。

【栃木/群馬】金精道路 〜 一大観光地を横断する山岳ワインディング〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.30]
(画像=『Moto Megane』より引用)

日光側からは、この道のひとつのハイライトとなるいろは坂。登りは比較的道幅も広く中高速で走ることができる。明智平までは一方通行なので安心だ。下りは狭いヘアピンをくねくねと下っていくタイトコーナーの連続。観光バスが前にいたらそれこそ大変なことになる。

中禅寺湖まで上がってしまえば道路の混雑は減り、思う存分高原の道路を楽しめる。景色を楽しむなら、南側の中禅寺湖展望台がお薦めだ。時間があればさらに高所になる半月山展望台。駐車場から20分の登り道はトレッキングシューズが必要となる。
中禅寺湖湖畔沿いの道を進むとキャンプ場のある菖蒲が浜、ヘアピンを登っていく途中の竜頭の滝、広大な湿原の戦場ケ原沿いは景色を楽しみながら快走できる。戦場ケ原では三本松茶屋で展望台まで散策もお薦め。岩肌を流れるように落ちる湯滝、そして源泉もある湯ノ湖周辺は硫黄の臭いを満喫できる。

【栃木/群馬】金精道路 〜 一大観光地を横断する山岳ワインディング〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.30]
(画像=『Moto Megane』より引用)

湯ノ湖からがこの道路のハイライト、金精峠を越える本格的な山岳道路になる。これまでの草原や湿原の風景から一気に火山地形の荒涼感溢れる景色に変わる。途中湯ノ湖と男体山をする展望する撮影スポットがある。トンネルを抜けて群馬側に入ると、丸沼高原の美しい湖や森林の中をヘアピンのタイトコーナーで下っていく。

お薦めのシーズン

【栃木/群馬】金精道路 〜 一大観光地を横断する山岳ワインディング〜[バイク・車でツーリングしたい日本百名道・No.30]
(画像=『Moto Megane』より引用)
  1. 新緑から紅葉の季節まで。ただし、紅葉の時期となる10月中旬~11月上旬にかけては混雑が激しい。