韓国外務省や法務省などが3日に会議を開き、8月の1か月間限定で日本や台湾などからの観光客を対象にビザなしでの渡航を認めることを決定しました。

韓国政府は、一昨年の3月から日本に対するビザの免除を停止していました。

期間限定ではありますが、およそ2年5か月ぶりにビザなしの渡航が再開することになります。

日本人、8月中は事前に観光ビザを取得することなく韓国に渡航可能

新型コロナウイルスの感染拡大前に、韓国への旅行客が特に多かった日本、台湾、マカオからの観光客は、8月31日までの間に限り観光ビザを取得することなく韓国を訪れることができます。

これは、韓国外務省や法務省などが3日に会議を開き、ソウル市の発表により判明しました。

日本人も8月中は事前に観光ビザを取得する必要なく韓国に渡航できるようになります。

これにより、一時的ではありますがおよそ2年5か月ぶりにビザなしの渡航が再開することになります。

ただ、韓国への入国の際には、新型コロナの陰性証明書が必要であり、出発の72時間前までに電子渡航認証システムで承認を受けることが必須です。

今回の決定は、今月の10日から韓国の首都であるソウルで行われるイベントに外国からの観光客を誘致するためとしています。

また、ソウル市は「日本などの在外公館でビザ発給に時間がかかり観光客の誘致に支障があったが、ビザ免除で不便が改善される」と話しています。

韓国政府は外国人観光客の増加を促し、観光需要の回復に期待感を示しています。

しかし、韓国では新型コロナの新規感染者が再び増加傾向にあるのも現状です。

ソウル市や保健当局では、外国人の来場が多く見込まれるK-POPのコンサートにおいて、入場客を定員の50%までに制限するなど徹底した感染対策を講じると宣言しています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる