VRIO分析とは、マーケティングフレームワークの1つで、自社製品の経営資源を分析できます。自社の経営資源の強みと弱みを知ることで効果的な戦略を立てられます。

価格競争で大企業に勝つことができない飲食や小売などの中小企業には特におすすめです。

この記事では、VRIO分析のやり方やコツなど概要を徹底的に解説します。

記事の後半では、大手企業の経営資源についてVRIO分析した事例を紹介します。

VRIO分析とは?

VRIO(ブリオ)分析とは、自社の経営資源を分析するためのフレームワークです。

VRIOとは、「V(Value):経済的な価値」「R(Rarity):希少性」「I(Imitability):模範可能性」「O(Organization):組織」の頭文字を合わせたもので、この4要素を軸に分析を進めていきます。

自社の内部要因を分析し、強み弱みを把握できるフレームワークとして、さまざまな業界で採用されている分析方法です。

VRIO分析の4つの要素

VRIO分析において評価する4つの要素を解説します。

  • Value(経済的な価値)
  • Rarity(希少性)
  • Imitability(模範可能性)
  • Organization(組織)

どの要素も内部環境を把握するのに非常に重要な要素です。各要素の狙いと分析する際に着目すべきポイントについて解説していきます。

1. Value(経済的な価値)の評価

自社の経営資源に「経済的な価値」があるかどうかを判断する評価項目です。ここでの経済的な価値の意味合いは、金銭的なものではなく、社会的に見て市場に与えた影響力のことです。

分析を行う際は、「どれくらい売上に影響を与えているか」「顧客の満足度は高いか」「現代の社会情勢に対してどのような影響力を持つか」「新しいビジネスチャンスにつながるか」など幅広い視野を持つことが重要です。

どんな商品であっても市場価値があることを前提に開発されているはずなので、判断するのが難しい項目になります。だからこそ、データ調査やヒアリングなどさまざまな媒体で情報収集、分析を行いましょう。

2. Rarity(希少性)の評価

自社の資源に希少性があるかどうかも重要な評価基準です。

分析したい対象が持つ特徴を洗い出し、その特徴を他社も持っていれば希少性は低く、反対にだれにも模倣されていなければ希少性は高いと判断できます。

この希少性は、ハード面だけでなく目に見えにくいソフト面についても考えましょう。

資源のオリジナリティが高いほど、市場シェアを獲得しやすくなります。

3. Imitability(模範可能性)の評価

Imitabilityとは模範可能性のことを表します。この項目では、模範可能性が低いほうが◯(Yes)、高いと✕(No)の評価になるので注意しておきましょう。

模範可能性を判断する際には、他社が自社商品を模倣しようと思った際にかかるコストについて考えることが重要です。

他社が模範する際のコストを押し上げるには、「開発に長い年月がかかる」「自社だけで共有されているノウハウを持っている」「どの資源が影響しているかわからないほど仕組みが複雑である」などの要因が考えられます。

その他にも、特許を活かし法律的に模範できない仕組みを作るのも模範可能性を小さくする要素となります。

4. Organization(組織)の評価

Organizationでは、組織体制が整っているのかを判断します。

どれだけ商品・サービスを質の高いものにしたとしても、それらの資源を有効に扱える体制が整っていなければ宝の持ち腐れになります。

組織のフローや、人材の教育制度や体制、給与など組織構築の際に重要な項目を判断する必要があるでしょう。

自社のビジネスが、社会的価値も高く商品の希少性や模範困難性も高いのになぜか業績が悪いケースには、組織体制に問題がある可能性が高いといえます。