ジオグラフィック属性とは、顧客の居住地や現在位置、自然条件や気候などの地理的な指標です。顧客ニーズの多様化が進む現代では、飲食店や小売店なども地域特性に基づくマーケティングが必要となります。

ジオグラフィック属性は、地域密着型の事業を展開したい場合に重要な区分です。地理的データを収集・活用すれば、ターゲット層に合う新商品の開発や魅力的な広告、販売促進などに活かせます。

本記事では、ジオグラフィックの概要と他のセグメント(区分)との関連性について確認します。またデータの活用方法や事例、データの収集方法についても解説します。

目次
ジオグラフィック属性とは?
ジオグラフィック属性の活用方法

ジオグラフィック属性とは?

ジオグラフィック属性とは、マーケティングにおいて消費者を特徴づける要素のうち、地理的な条件や特徴を表します。地理的要素には、地域の自然条件や気候、人口密度などがあります。 同じ商品・サービスでも地域や気候などの条件で違いがあるため、ジオグラフィック属性を活用してマーケティングを行う必要があります。地理的な条件や特性に応じた商品・サービスを提供すれば、売れ残りの削減や効果的な販売促進につながるのです。

セグメンテーションとの関連性

ジオグラフィック属性は、マーケティングの切り口となり、市場を細分化する指標となるセグメンテーションの1つです。

セグメンテーションにはジオグラフィック属性のほかに次の3つがあります。

  1. デモグラフィック属性…人口統計的属性。顧客の年齢・性別・職業・年収など
  2. サイコグラフィック属性…心理的属性。顧客を性格・価値観、ライフスタイルなど
  3. ビヘイビアル属性…行動的属性。購入頻度、購入時間や経路など顧客の消費行動

ジオグラフィック属性は、セグメンテーションの中でも顧客をマクロ的に分類するデータといえます。

他の属性と掛け合わせて活用することで、より市場が細分化できます。そのため、ターゲット顧客への効果的なサービス開発や販売アプローチが可能になります。

ジオグラフィック属性の活用方法

ジオグラフィックデータはターゲット層の設定に有益であり、データを分析することでマーケティング戦略に直結します。

地理的条件から顧客動向を推測・分析できる

ジオグラフィックデータから「誰がどこで購入したのか、どのような足取りなのか」把握できます。

さらに商品・サービスの流通量や購入成果などを洗い出せるため、販売促進が有効なのか判断できます。

つまり自社商品・サービス導入のタイミングや販売後の顧客動向を推測するのに役立つのです。

行動履歴の分析で効果的な広告を出せる

地理的特性にもとづくターゲット層の行動履歴が分かれば、商品・サービスを展開する地域の広告を、いつどこでどのように出すのか検討しやすくなります。

例えば「A地域に住む人は〇〇商品の購入頻度が高い」「B地域では雨の日に〇〇がよく売れる」などのデータ収集により、マーケティング戦略を変更したり強化したりできます。

ダイレクトマーケティングに活かせる

ジオグラフィックデータは、サイコグラフィックデータと掛け合わせることでダイレクトマーケティングに活かせます。

例えば、家賃の高い都心のオフィス街に住んでいるビジネスマンは、お金をかけてでも出勤に便利な近場の家に住みたい人という心理面も浮かんできます。多少お金をかけてでも、面倒なことは避けたいと思っている人には、ネットで完結して便利なサービス(例:するウーバーイーツや代行サービス)が刺さりやすいでしょう。

このように、サービスを使いそうなターゲットがどこにいるのか狙いを定めて販促することで、効率良い効果が期待できます。