仕事で何度も台湾に行ったことがあるが、日本に比べて道路を走るスクーターの台数は半端じゃない。そんな台湾において圧倒的なシェアを誇るのがキムコだ。

キムコはホンダと技術契約を結びスクーターを始めとした二輪製品を製造販売してきた。現在の販売チャネルは107国。ヨーロッパでは大変な人気を誇っている。

そんなキムコが最近日本で発売したのがKRV180 TCSだ。

日本でもPCX160やNMAX155など、125cc以上250cc以下の車両が人気を博しているが、180ccスクーターの実力やいかに。

目次
KRV180 TCSの個性的すぎる装備
 ・プチTMAX560と言っても過言ではないスイングアーム
 ・流れるウインカー、シーケンシャルウインカー
 ・USBソケットも二連は珍しい
 ・シートダンパースプリング
KRV180 TCSの足つき

KRV180 TCSの個性的すぎる装備

プチTMAX560と言っても過言ではないスイングアーム

プチTMAX560があったらこんな感じ?! キムコ KRV180TCSインプレ
(画像=『Moto Megane』より引用)

日本で一番スポーティーで豪華装備を採用しているスクーター、TMAX560が装備しているのが独立したスイングアームだ。

一般的なスクーターは駆動系をスイングアームに見立てるユニットスイングを採用するが、TMAX560はスイングアーム方式を採用している。
※厳密にいえばDCTを採用しているX-ADVもスイングアームを採用している。

250ccはもちろんだが、400ccクラスのスクーターもユニットスイングを採用しているが、なんとKRV180 TCSはスイングアーム方式を採用している。走りに対する本気度が伺えるポイントだ。

流れるウインカー、シーケンシャルウインカー

プチTMAX560があったらこんな感じ?! キムコ KRV180TCSインプレ
(画像=『Moto Megane』より引用)

日本のバイクに装備されているのを見たことがないシーケンシャルウインカー(流れるウインカー)が装備されているのも特徴。車では純正採用されている車種もあり、バイク用品メーカーからアフターパーツとして供給されている。

USBソケットも二連は珍しい

プチTMAX560があったらこんな感じ?! キムコ KRV180TCSインプレ
(画像=『Moto Megane』より引用)

スマートフォンをナビ代わりに使うようになってから、バイクにUSB電源を追加するカスタムが流行ったが、現在では純正採用される車種も増えてきた。だが二連のUSB電源を備えた車両はあまり見かけない。

またUSBソケットのすぐ下には収納スペースがあるため、バイクの走行による振動対策は必要だが充電しながら走行できるのもありがたい。

シートダンパースプリング

プチTMAX560があったらこんな感じ?! キムコ KRV180TCSインプレ
(画像=『Moto Megane』より引用)

シートのヒンジ部分にはシートダンパースプリングが採用されている。筆者はアフターパーツメーカー勤務時に販売したことがあり好評だったのを覚えている。

シートオープンするとバネの力で自動で跳ね上がり、力を加えなければシートが下がることがない仕掛けだ。

KRV180 TCSの足つき

プチTMAX560があったらこんな感じ?! キムコ KRV180TCSインプレ
(画像=『Moto Megane』より引用)

筆者の身長は164cmの62kg。履いていたライディングブーツのソール厚は約1.8cmだ。

KRV180 TCSのシート高は795mmと数値としては高くはないが、シート幅が広いので股が開いてしまう。そのため昭和体系の筆者が座ると両足はつま先ツンツン、片足は踵がつかない状態だった。

だが先端に行くほど絞り込まれるシート形状なので前の方に座れば片足はべったりと着くようになる。車両重量は143kgなので不安はないだろう。