ニューロマーケティングとは、脳科学の技術を使ったマーケティング手法です。脳波や目線の動き、表情の変化などを読み解くことで、無意識の消費志向を調査します。

従来のマーケティング手法では、言葉などで論理的に説明できない部分を調査するには限界がありました。「なんとなく」といった感覚的な購入要因について、分析を行うのは難しいためです。

勘や経験だけに頼った店舗運営や商品開発から脱却したいと考える飲食店舗や小売業にとっては効果的なマーケティング手法となり得ます。

本記事では、ニューロマーケティングのメリットデメリットと調査する指標や手法、企業事例について詳しく解説します。

目次

ニューロマーケティングとは?

ニューロマーケティングとは、脳科学の技術を使ったマーケティング手法です。調査をしたい商品やサービスを消費者に提供し、その時の脳波や視線、表情の動きを観察します。 アンケートやインタビューなどでは捉えきれなかった、無意識の反応を調査するのが目的です。ニューロマーケティングでは、従来のマーケティング手法に加えてこうした心の動きを定量化することで、消費者の本音を探り当てるものです。

ニューロマーケティングのメリット

ニューロマーケティングには、従来のマーケティング手法にはないメリットがあります。次の2つを解説します。

  1. 意思決定プロセスを数値化できる
  2. 消費者の本音を把握しやすい

ニューロマーケティングは脳科学の技術を使う点で、従来のマーケティングと一線を画します。詳しく解説していきます。

1. 意思決定プロセスを数値化できる

マーケティングにおいて消費者の意思決定のプロセスを把握することは重要です。しかし、実際に購入に至るまでの流れを、明確に言語化できる人は多くありません。多くの場合は、無意識や「なんとなく」の感覚で行動や意志を決定します。
ニューロマーケティングでは、こうした無意識の判断に対してアプローチでき定量化できます。そのため、ニューロマーケティングは意思決定のプロセスを数値化でき、より効果的なマーケティング戦略に繋げやすいと言えます。

2. 消費者の本音を把握しやすい

ニューロマーケティングは、消費者の本音を把握しやすいことも大きなメリットです。

従来のアンケートやインタビュー調査への回答は、全てが本音とは限りません。企業や担当者への気遣いなどが被験者の心理に作用し、本音とは異なる回答をしてしまうケースも見られます。

しかし、ニューロマーケティングでは、人間の脳波や認知に関する情報を分析するため消費者の言葉では表現できない感情や無意識的な判断にアプローチが可能です。そのため、これまでの調査手法では明らかにされづらかった、消費者の本音が把握しやすい状態になると言えます。