ヒューリスティック(heuristic)とは、自分の経験則で考えることでおおよそ正解に近い答えを導き出す問題解決法です。

理論的な根拠はなく、必ずしも正解できるとは言い切れません。しかし、難しく考えなくてもある程度の確率で正解が導き出せるため、スピード感を持って意思決定できるのが特徴です。

飲食店や小売業においては、消費者のヒューリスティックに基づいた意思決定をうまく利用して、商品開発や広告、店舗デザインなどのマーケティングに活かせます。

本記事では、ヒューリスティックのメリット・デメリットのほか、5つのヒューリスティックの特徴やマーケティングにおける活用例を解説します。

目次
ヒューリスティックとは
ヒューリスティックのメリット・デメリット

ヒューリスティックとは

ヒューリスティックとは、自身の経験や先入観など、個人の持つ感覚に頼って判断する問題解決法です。基本的に理論的な思考は伴いません。ヒューリスティックは心理学の用語として知られていますが、マーケティングにも活用できます。

例として、色に対して人々が抱くイメージが挙げられます。赤は情熱的、青は爽やか、緑はナチュラル、などです。たとえ同じ商品でも、パッケージの色の違いによって、求める品物のイメージにもっとも適した色の商品を選択する現象が多々生じます。これもヒューリスティックに基づいた判断と言えます。

ヒューリスティックのメリット・デメリット

ヒューリスティックは理論的な考えを不要とするため、迅速に意思決定できるのがメリットです。頭であれこれ思考をめぐらせずに、自分の経験などに基づきもっとも最適だと判断した答えを瞬間的に導き出します。

そのため脳にかかる負担が少なく、意思決定の際にストレスを感じにくい点もメリットです。

しかし、経験則や先入観に基づいているということは、判断が偏りがちになるデメリットもあります。

慎重な判断が必要な場面においては、ヒューリスティックに頼った思考は避け、時間をかけて判断を下します。