STP分析とは、フィリップ・コトラーが提唱したマーケティング手法の一つで、マーケティングの目的を達成するための分析方法です。

STP分析は、自社商品・サービスのターゲット層を明確に設定し競合他社との差別化を図るために重要な役割を担います。地域で飲食業や小売業を営む場合、STP分析の活用次第で事業展開や収益化の様相が変わります。

今回は、STP分析の概要や重要性、分析を行う際の注意点を解説します。また、差別化に成功した事例でSTP分析の有効性を確認します。

STP分析とは?

STP分析は、セグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)の3つの要素からなる分析法をさします。 まずセグメンテーションで、顧客情報やニーズに基づき市場を分析しユーザーとなる顧客層を明確にします。

ターゲティングでは、セグメンテーションの結果を踏まえ、自社にとって優位性のある市場セグメントを選定します。

そしてポジショニングで、顧客ニーズを満たし収益化につながる自社の立ち位置を確認します。

市場における自社商品・サービスのポジションが明確になれば、マーケティングがしやすくなり、効率的な収益化につながります。

STP分析の重要性

STP分析は、自社商品・サービスのポジションを確立し、マーケティング活動の方向性を決めるために必要です。市場や顧客ニーズが多様になり、変容が著しい現代において、自社の独自の戦略を考えることが、成功に繋がる鍵となります。 STP分析が重要視される理由は次のようになります。

  • 市場や顧客のニーズを把握できる
  • 自社商品・サービスの強みを明確にできる
  • 競合他社との差別化ができる
  • マーケティング戦略を具体にできる

まず、セグメンテーションで行う市場の細分化により「どこにどのような顧客がどれくらいいるのか」を整理できます。顧客ニーズに即した商品・サービスの開発も可能になるのです。

また、自社商品・サービスを市場に投入する際の強みを明確にでき、同時に競合他社との差別化につながります。ポジションを確立できればマーケティング戦略を立てられます。

さらに、市場の急速な変化にも即座に対応できるため、他社に対して優位性を保てます。