ABC分析とは、データ分析を行う際のフレームワークの1つです。ABC分析を行うことで、何を優先的に取り扱うべきか把握できるため、飲食店や小売店などの在庫管理・売上分析やメニュー改善に使われることが多いです。在庫管理以外にも、経営戦略やマーケティングなどさまざまなシーンで活用できるため便利な分析方法です。

この記事では、ABC分析の概要と飲食店のメニュー改善の例をもとに手順を解説します。さらにメリットや注意点についても解説するため、利益を改善したいとお悩みの方はぜひ読み進めてみてください。

目次
ABC分析とは?
パレートの法則との関係性

ABC分析とは?

ABC分析とは、測定したい指標を定め、その指標が大きい順に商品を順位付けることで効率的なデータ分析を行うためのフレームワークです。

商品の金額や売上高、またクレームの数など多様な指標を設定して、その指標において重要度が高い方からA・B・Cとランク分けしていきます。ランクを分けることで、現状を把握して、今後何を優先的に取り組むべきなのかが判断できます。

在庫管理で例えると、Aランクはよく売れる主要商品なので在庫を確実に確保しておくべき商品で、Cランクはそこまで売れないため在庫がなくなったら発注するというように分類できます。そのデータを元に、積極的に増産したり、売れない商品を他の商品と入れ替えたりと次の戦略に活かせます。

パレートの法則との関係性

ABC分析はパレートの法則の考え方がもととなっています。

パレートの法則とは、イタリアの経済学者ビルフレッド・パレートによって提唱された法則で、売上の80%は全体の20%の商品が生み出しているという考え方です。この考え方がもととなっているため、ABC分析の結果として現れるB・Cランクのものは全体の20%に含まれていない可能性が高く、重要視すべきでないという判断になります。

ABC分析は重要度の高いものに分けられるため、「重点分析」とも呼ばれています。