7月20日、観光庁の和田浩一長官は定例記者会見で、6月10日から同月末までの観光目的の入国者数は252人であったと公表しました。

目次
観光目的の入国は252人
7月以降の新規入国は増える見通し

観光目的の入国は252人

観光庁の定例記者会見で、訪日外国人観光客の受け入れが条件付きで解禁された6月10日から同月末までの観光目的の入国は、252人にとどまっていることが明らかになりました。

日本政府観光局は、6月の訪日外国人旅行者数は12万400人(推計値)であると発表しました。

ただ、これは留学生や技能実習生、ビジネス客らを含めた人数となっています。

観光目的での入国には、添乗員付きのツアー客に限定されていることやビザ取得に手間と時間がかかること、入国前の検査が制約となり観光目的の入国は増加しなかったと考えられます。

和田氏は会見で、インバウンド受け入れ再開後の入国状況について、「まだ再開の第一歩。7月以降は増えていくだろう」との見通しを示しました。

7月以降の新規入国は増える見通し

観光庁の今後の外国人観光客新規入国希望者数によると、国が入国者に義務付けている入国者健康確認システム(ERFS)への事前登録者数は7月中が9,057人、8月中が4,333人、9月以降が1,190人でした。

事前登録者数だけで見ると、7月以降の新規の入国希望者数は1万4,000人を超えていて、今後入国者は増える見通しです。

新規入国希望者の国籍別内訳(上位5か国)では、韓国(6,144人)、タイ(2,542人)、米国(1,302人)、インドネシア(740人)、フランス(585人)という結果になりました。

<参照>

JNTO:訪日外客数(2022年6月推計値)〜 6月:120,400人、3 か月連続で10万人を上回る〜

観光庁:今後の外国人観光客新規入国希望者数

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる