目次
羽田ー金浦線、各社毎日運航で週間28往復に拡大
日韓相互の旅行熱は高く、往来完全回復へ期待

7月25日から、羽田空港とソウルの金浦空港を結ぶ路線が、現在の週間8往復から週間28往復まで増便されることになりました。韓国国土交通省が19日に発表しました。

この路線を含め、日韓の国際線運航をさらに拡大するために、今後も両国間の協議は続く見込みです。

国際線往来の拡大が、日韓相互の観光の全面回復につながることが期待されます。

羽田ー金浦線、各社毎日運航で週間28往復に拡大

東京・羽田空港とソウル・金浦空港を結ぶ路線が、7月25日から増便されることになりました。

金浦空港は、仁川空港と並んで首都・ソウルの玄関口としての役割を担っています。羽田ー金浦路線は、新型コロナウイルスの影響で2020年3月から停止されていましたが、今年6月末におよそ2年3か月ぶりに再開していました。

再開後は大韓航空、アシアナ航空、日本航空、ANAの4社がそれぞれ週2回往復運航しており、週間で8往復にとどまっていました。

今回の増便では、日韓両国の国土交通省が週間28往復までの増便に合意したことで、同4社は毎日1回の往復運航をすることが可能になりました。

日韓相互の旅行熱は高く、往来完全回復へ期待

コロナ前の2019年には、同路線は4社で週間84往復していたことを考えると、往来の完全回復にはまだ至っていません。

両国は往来のさらなる回復に向けて、今後も増便のための協議を続けていくということです。

両国間の観光目的の渡航が再開されて以来、日韓相互の観光需要は著しい高まりをみせています。

日本では6月に、韓国観光ビザの発給が再開されて以来、韓国に行きたい日本人が各地の韓国大使館に殺到しています。1日のビザ申請人数には限りがあるため、前日から列を作る「徹夜組」も現れたほどです。

韓国でも同様のことが起きています。日本が外国人観光客の受け入れ再開を発表してから、韓国人の日本ビザ申請は急増しています。また数が限定されている日本旅行のパッケージツアーのチケットは、非常に人気が高いため入手困難になり、「争奪戦」ともいえる状況になっています。

日韓の相互の観光熱は、コロナ禍による2年間の移動制限を経て、いまだかつてない高まりをみせているといえます。こうした需要の高まりを商機として逃さないためにも、入国制限の緩和や、さらなる航空の増便に期待がかかります。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる