焼きそばやジューシーな豚肉がたっぷり入った広島風お好み焼き。
バラエティ豊かなトッピングが楽しく、子供から大人まで人気です。

しかし、東京で本場の広島風お好み焼きを食べる機会はあまりないですよね…
そんな中、素材から雰囲気作りまでこだわり尽くしたお好み焼きが楽しめるのが「電光石火」。
「電光石火」は、本場の広島風お好み焼きをリーズナブルな価格で楽しめる専門店です。

今回は「電光石火 東京駅店」を取材し、おすすめメニューや美味しい食べ方を詳しくご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。

お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。

目次
電光石火とはどんなお店?
電光石火 東京駅店へのアクセス

電光石火とはどんなお店?

本場広島のお好み焼きが堪能できる「電光石火」を徹底取材!
(画像=『はらへり』より引用)

電光石火とは、本場広島風お好み焼きをリーズナブルな価格で楽しめるお店です。

老若男女問わず大人気のお好み焼きですが、関西風と広島風では大きく異なるのをご存知でしょうか。

関西風と広島風のお好み焼きの大きな違いは、生地と作り方にあります。

広島風のお好み焼きは、クレープのように薄く伸ばした生地が特徴。

また、関西風のお好み焼きと異なり、具材を混ぜずに重ねて焼き上げます。

広島風お好み焼きは、戦時中に食糧難を逃れるため、小麦粉をベースに海産物や野菜を入れて調理したことから広まったそうです。

高度経済成長期以降、お好み焼き専門店がさらに増え、広島の名物として知られるようになりました。

今では素材にこだわった店舗が増え、トッピングメニューを豊富に取り揃えるなど形を変えて愛され続けています。

本場広島のお好み焼きが堪能できる「電光石火」を徹底取材!
(画像=『はらへり』より引用)

「電光石火」は、その中でも玉子や麺をはじめとした素材にこだわり、個性的なメニューを展開している広島風お好み焼き専門店です。

そのこだわりは味だけでなく、オープンキッチンで鉄板が見える内装や活気のある雰囲気も魅力です。

同店は広島を中心に、福岡、愛媛、愛知、横浜、東京にも店舗を展開しています。

都内では東京駅店、渋谷センター街店、銀座店があるので、東京にお住まいの方でも気軽に本格的な広島風お好み焼きが楽しめますよ。

今回は「電光石火 東京駅店」に伺い、そのこだわりや人気のメニュー、お店直伝の美味しい食べ方をご紹介します。

電光石火 東京駅店へのアクセス

本場広島のお好み焼きが堪能できる「電光石火」を徹底取材!
(画像=『はらへり』より引用)

電光石火の最寄り駅は、「JR東京駅」です。

東京駅から「八重洲地下中央口」へ向かいます。

本場広島のお好み焼きが堪能できる「電光石火」を徹底取材!
(画像=『はらへり』より引用)

「八重洲地下中央口」を出たら「東京一番街」という飲食店が立ち並ぶエリアがあるので、正面の道を右に向かいます。

本場広島のお好み焼きが堪能できる「電光石火」を徹底取材!
(画像=『はらへり』より引用)

「東京一番街」を40mほど直進します。

本場広島のお好み焼きが堪能できる「電光石火」を徹底取材!
(画像=『はらへり』より引用)

右手に「電光石火 東京駅店」が見えてきます。

本場広島のお好み焼きが堪能できる「電光石火」を徹底取材!
(画像=『はらへり』より引用)

地上から向かう場合は、D階段から降りると近いですよ。