「中東のパリ」という愛称で親しまれる、レバノンの首都「ベイルート」。

この街は世界で最も古い都市の1つに数えられ、紀元前に遡る長い歴史を持ちます。
地中海における交易の中心地として発展し、古代にはエジプトとも交易があったとされています。

まだまだ日本人の旅行者は少ない国ですが、だからこそ冒険心がくすぐられるという方もいらっしゃることでしょう。

本記事では、ベイルートにあるおすすめの観光スポットをご紹介します。
治安や英語は通じるのかなど、観光に役立つ情報もまとめているので、ぜひ参考にしてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。

お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。

目次
ベイルートってどんな都市?
ベイルートへのアクセス
 ・ 市内中心部への移動はタクシーが便利

ベイルートってどんな都市?

【レバノン】ベイルートのおすすめ観光スポット10選!治安や気を付けておきたいポイントも
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

ベイルート(Beirut)は、「世界で最も古い都市」の一つに数えられる中東・レバノンの首都です。

その歴史は今から約5000年以上さかのぼると言われ、古代に地中海における交易の中心地として栄えました。

世界は広いですが、これだけ長い歴史を誇る国は少ないのではないでしょうか。

かつてはエジプトとも交易があったそうで、なんと今から3500年以上前に記された文書にも登場しているのだそう。

【レバノン】ベイルートのおすすめ観光スポット10選!治安や気を付けておきたいポイントも
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

レバノンにはフェニキア人が築いたとされる古代都市がいくつも存在します。

ヨーロッパの人気観光地でお馴染みのバルセロナやマルセイユ、リスボンなどの都市も、かつてはフェニキア人の植民都市でした。

そして、チュニジアの世界遺産で知られるカルタゴ遺跡も、実はフェニキア人によって造られたものなのです。

【レバノン】ベイルートのおすすめ観光スポット10選!治安や気を付けておきたいポイントも
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

高度な技術を誇った文明であるだけに、訪れる者の期待も高まります。

レバノンは小さな国なので、首都を拠点に様々なスポットに足を運ぶことができますよ。

有名な古代遺跡も日帰りで行けるので、短期の旅行でもかなり楽しめると思います。

【レバノン】ベイルートのおすすめ観光スポット10選!治安や気を付けておきたいポイントも
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

同国の首都であり経済・政治の中心地として親しまれる、ベイルート。

「中東のパリ」と称される街並みには、ヨーロッパのような素敵な風情が漂います。

【レバノン】ベイルートのおすすめ観光スポット10選!治安や気を付けておきたいポイントも
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

この街をひと言で表すなら 多様な文化にモダン性を兼ね備えた国際色豊かな都市 が最適でしょう。

まだまだ日本人の旅行者が少ない穴場の観光地・ベイルートへようこそ。

ベイルートへのアクセス

【レバノン】ベイルートのおすすめ観光スポット10選!治安や気を付けておきたいポイントも
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

ベイルートへは、中東またはヨーロッパの主要都市を経由してアクセスするのが一般的です。

レバノンはシリアやイスラエルと国境を接していますが、これらの国から陸路での国境越えするのは現状不可能となっております。

また、トルコからフェリーを利用してアクセスできるという声も聞かれますが、こちらはレバノン北部に位置するトリポリ(Tripoli)という港湾都市へと向かうものです。

首都ベイルートからは約80km以上離れているので、ミニバスで移動する必要があります。

【レバノン】ベイルートのおすすめ観光スポット10選!治安や気を付けておきたいポイントも
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

やはり、最も便利なのはベイルート行きのフライトを予約することでしょう。

空の玄関口は「ラフィク・ハリリ国際空港(BEY)」です。

経由地での乗り継ぎ時間にもよりますが、日本からの所要時間は大体16〜18時間が目安となります。

市内中心部への移動はタクシーが便利

【レバノン】ベイルートのおすすめ観光スポット10選!治安や気を付けておきたいポイントも
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

空港から市内中心部への移動手段は、タクシーとミニバスの2種類があります。

恐らく多くの人はタクシーを利用すると思いますが、乗車料金が気になる人も多いはず。

事前に相場を把握できれば、タクシーを利用する際に料金を交渉しやすくなりますよね。

筆者が訪れた2022年4月時点では、片道7~10ドル程度が相場でした。

支払いは現金のみなので、事前に必要な金額を用意するようにしましょう。

ちなみに、ミニバスを利用する場合は1ドルまたはそれ以下で移動できるのですが、空港の敷地内にバス停が無いので幹線道路まで歩く必要があります。

こちらは難易度が高く、移動時間もタクシーの倍以上かかるので超節約派の方以外にはおすすめしません。