アメリカ・オクラホマ州で釣りをしていた男は、自分にかけられた殺人容疑を「ビッグフットのせい」だと主張している。『Daily Beast』『News Observer』などの海外メディアが報じた。

■釣りの最中に友人を殺害

オクラホマ州ポントトク郡のサウスカナディアン川で、ナマズの手釣りをしていたラリー・サンダース(53)。彼は一緒にいた友人のジミー・ナイテンさんを殺害した容疑で、このたび逮捕された。

サンダースは殺害した理由について、なんと「ビッグフットがそうさせた」と警察に説明している。

■UMAを召喚された?

「ビッグフット」とは、いわゆるUMA(未確認生物)の一種で、アメリカ先住民からは「サスカッチ」などとも呼ばれている。サンダースは「ナイテンが私を殺すためにビッグフットを召喚したので、彼を殺さなければいけなかった」と供述しているという。

保安官は、サンダースがナイテンさんを殴り、首をしめて溺死させたと告白した時、「サンダースは何かの影響下にあるように見えた」と語った