苫小牧港から全道各地に走り出すライダーに向けて、「苫小牧近郊の市町村にだって見どころがある」と、足を止めさせる企画の第2弾。前回は札幌から苫小牧を紹介しましたが、今回は室蘭から苫小牧の間にある街を紹介します。このルートには名だたる観光地が多く含まれていますが、メジャーな情報は旅行サイトにお任せすることにして、地元ライダーでも知らない情報をお伝えします。

目次
【室蘭市】栄枯盛衰の歴史
徹の街にふさわしい銘菓が誕生

【室蘭市】栄枯盛衰の歴史

北海道・苫小牧フェリーターミナル周辺の街のディープな楽しみ方!Side.B(室蘭〜苫小牧)
(画像=『Moto Megane』より引用)

室蘭は北海道有数の重工業都市です。1887年に英国2社と北炭による合弁企業「日本製鋼所」が創立。続いて輪西製鐵場(現・新日鐵住金)も設立され「鉄のまち」として発展しました。1892年には北海道炭礦鉄道が夕張や空知の炭鉱から石炭を運ぶ室蘭本線が開通。小樽に並ぶ石炭積み出し港として繁栄するなど、活気づいていました。

北海道・苫小牧フェリーターミナル周辺の街のディープな楽しみ方!Side.B(室蘭〜苫小牧)
(画像=『Moto Megane』より引用)

かつては室蘭と本州を結ぶ航路も多く、室蘭フェリーターミナルは「北海道の玄関」としてライダーにも親しまれていました。八戸・大畑(青森県)、大洗(茨城県)、直江津(新潟県)を経由して博多までフェリーが就航していましたが、相次ぐ航路休止により2008年にフェリーターミナルは休眠。2018年に川崎近海汽船が宮古航路を開設し、10年ぶりに一般利用を再開するも、利用率低迷により2020年に休止されます。航路を八戸発着に変更しても状況は変わらず、2022年の航路休止によって再び閉鎖されてしまいました。3度目の復活は難しいでしょうね。

徹の街にふさわしい銘菓が誕生

北海道・苫小牧フェリーターミナル周辺の街のディープな楽しみ方!Side.B(室蘭〜苫小牧)
(画像=『Moto Megane』より引用)

せっかく室蘭を訪れたのなら、「鉄の街」にふさわしいお土産が欲しいもの。ぜひ購入して帰りたいのが「鐵の素クッキー」です。室蘭工業大学(以下:室工大)の清水一道教授が、「国内外へ出張する際に持参できる室蘭らしい菓子があったらいいな」と考案。室蘭市中島町シャンシャン通りにある「ナニナニ製菓」が商品化しました。

北海道・苫小牧フェリーターミナル周辺の街のディープな楽しみ方!Side.B(室蘭〜苫小牧)
(画像=『Moto Megane』より引用)

ホンモノと比べても区別がつかないクオリティで、鉄鉱石・石灰石・石炭を再現しています。材料にこだわり、化学調味料や人工甘味料を一切使わない体に優しいお菓子で、とてもおいしいです。

北海道・苫小牧フェリーターミナル周辺の街のディープな楽しみ方!Side.B(室蘭〜苫小牧)
(画像=『Moto Megane』より引用)

現在、室工大オリジナルジンギスカン鍋をモチーフにした「ジンギスカン鍋クッキー」も販売中。割れやす形状のため市内のみの発売でしたが、最近ではパッケージを改良して「東室蘭駅内の四季彩館」や「道の駅みたら室蘭」以外に「新千歳空港」でも販売しています。バイクでの持ち運びもOKですよ。

ナニナニ製菓 本店
■ 住所:室蘭市中島町1-38-5 1F
■ 電話:0143-83-6854
■ 営業時間:毎週火曜日~土曜日11:00〜19:00

※Instagram、Twitter、Facebookあり